桐蔭横浜大MF橘田健人(4年=神村学園高)の川崎F加入が内定

写真拡大

 川崎フロンターレは5日、来季加入が内定した桐蔭横浜大MF橘田健人(4年=神村学園高)の入団オンライン会見を行った。

 鹿児島県霧島市出身の橘田は神村学園高から桐蔭横浜大に進学。ルーキーのMFイサカ・ゼインに続いて、桐蔭横浜から川崎Fへの入団は2年連続となる。「小さい頃からフロンターレの試合をよく見ていて、素晴らしいパスワークのサッカーに憧れていたので、そのチームに入れて嬉しい。自分もあのパスワークの中に入って試合したい」と喜びを語った。

 抜群のテクニックとドリブル、豊富な運動量が持ち味。目標としている選手はMF中村憲剛とヴィッセル神戸所属のMFアンドレス・イニエスタ。高校まではトップ下だったが、大学入学後はボランチを主戦場としている。

 昨年度の全日本大学サッカー選手権(インカレ)ではチームの心臓として活躍し、初出場だった桐蔭横浜を準優勝に導いた。安武享監督は「彼の成長とともにチームも成長した。守備の部分の貢献度もかなり高い。運動量がダントツ。ポテンシャルをまだまだ秘めているなと思います」と評価する。

 今年1月には宮崎合宿に参加し、中村から“止める蹴る”の重要性、試合に臨むメンタルについてアドバイスを受けたという。「あきらめかけていた夢だったのでプロになれて嬉しい」と加入を喜んだ橘田は「川崎Fの練習に参加することが多くなると思いますが、卒業するまでに川崎Fとしてデビューしたい。レベルアップして戻って、インカレで日本一になりたい」と今季の目標を掲げた。

以下、プロフィール

●MF橘田健人

(たちばなだ・けんと)

■生年月日

1998年5月29日(22歳)

■身長/体重

168cm/65kg

■出身

鹿児島県霧島市

■経歴

国分西サッカースポーツ少年団-霧島市立舞鶴中学校-神村学園高校-桐蔭横浜大学

(取材・文 佐藤亜希子)