Adobeは、人工知能(AI)のAdobe Senseiを利用したカメラアプリ「Photoshop Camera」を6月9日より無料で提供開始すると発表しました。

AIがリアルタイムで画像を判断、ベストな仕上がりに自動調整

「Photoshop Camera」は、Adobeが2019年11月のカンファレンス「Adobe MAX 2019」で発表したカメラアプリです。これまではプレビュー版が先行公開されていましたが、2020年6月9日に正式版がリリースされます。
 
同アプリの特徴は、Adobeの人工知能(AI)であるAdobe Senseiを搭載している点です。
 
Adobe Senseiは、被写体にカメラを向けると、膨大なデータから何を撮影しているのかをリアルタイムで判断し、ベストな仕上がりに自動調整してくれます。
 
もちろん、撮影後の自動色調補正やポートレート補正(ボケ、顔の距離、フェイスライト、顔の明暗の変更)なども他のカメラアプリと同様にワンタップで行えます。
 

Photoshopレベルの加工がアプリで簡単にできる

「Photoshop Camera」のもう一つの特徴は、加工力の高さです。
 
「Photoshop Camera」ではインフルエンサーが考案した80種類以上のカスタムフィルターを利用できるほか、レンズ(エフェクト)と呼ばれる機能を使えばPhotoshopレベルの加工が簡単にできます。
 
カスタムフィルターとレンズは、撮影時でも撮影後でも適用が可能です。
 

事前予約を受付中

「Photoshop Camera」は6月9日に無料リリースされます。リリースにあたり、App StoreやGoogle Playでは既に予約受付を開始しています。
 

Photoshop Camera
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:Adobe
(kotobaya)