きのう4日(2020年6月)午前10時15分ごろ、兵庫県宝塚市の住宅で「矢が刺さった女性が助けを求めている」と近所の人から119番があった。ボーガンで祖母と母親、弟、伯母を撃ったとして、ここに住む大学4年の野津英滉容疑者(23)が殺人未遂の現行犯で逮捕された。

祖母と母、弟は死亡。伯母も首を矢で負傷し、病院に搬送された。野津は「家族を殺すつもりだった」と供述している。

殺傷能力高いのに、ネットで2万円で簡単入手、許可証もいらない

キャスターの立川志らく「猟奇的なことが起きました。よほどの殺意がないと、性格だけの問題ではない」

若林有子キャスターによると、「ボーガンはスポーツ用で、法律で販売や使用を制限されていません」という。射撃場経営者は「ライセンス制度はありません。2、3万円からネットでも誰でも買える」と話す。

アン ミカ(モデル)「法規制が必要で、マネする人がいないか心配です」

山崎大祐(「マザーハウスカレッジ」主宰)「殺傷能力がすごい。規制と教育的な何かが必要ですよ」

正能茉優(「ハピキラFACTORY」社長)「プロセスを踏んで売買するようにしないと、こうしたことが起きる」