日本郵便は5日、配達員が車内や屋外にいる場合などは、適宜マスクを外す取り組みを始めた。気温と湿度が高い中でマスクを着用すると熱中症の危険があるためで、10月末まで。新型コロナウイルス感染症対策として、これまでは着用を原則としていた。

 屋外では配達時や休憩中、他人との距離に注意した上で外すことにした。郵便局の窓口や郵便物の集配時など人との距離が近くなる時には、引き続きマスクを着ける。

 政府は、新型コロナと熱中症の両方を予防する必要から、屋外で近くの人と2メートル以上の距離を確保できる場合には、マスクを外すよう促している。