Net Applicationsから2020年5月のタブレットOSのシェアが発表された。2020年5月はAndroidとiOSがシェアを減らし、iPadOSがシェアを増やした。Androidは依然として、Android 4.4のシェアがもっとも多く、これにAndroid 5.1、Android 7.0、Android 8.1が続いている。

Appleは2019年9月、iPad向けのオペレーティングシステム「iPadOS」を公開した。それまで、iPadではiPhoneと同じiOSが使われてきたが、iPadOSのリリース以降、iPad向けのオペレテーィングシステムとしてはiPadOSが使われている。ただし、古いデバイスはiPadOSの対象から外れており、そうしたデバイスでは古いバージョンのiOSが使われ続けている。

2020年5月タブレットOSシェア/円グラフ - Net Applications

2020年5月タブレットOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications

2020年5月タブレットOSシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年5月タブレットOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications