長澤出演の『ドラゴン桜2』は延期か

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くのドラマ撮影が中断し、6月になってもなお放送がスタートしない作品も多い状態だ。緊急事態宣言の解除によって、撮影は徐々に再開しているというが、スケジュールの調整は簡単ではない。

【写真5枚】スーパーで買い物する長澤まさみのプライベート姿

「基本対応としては、春ドラマの話数を大幅に減らし、夏ドラマの話数を少し減らし、秋からは通常通りに放送するというのが筋でしょう。ただ、力が入った大作は話数を減らさずに放送したいというのが局のホンネ。夏ドラマが大幅に話数を削られたり、最悪の場合、放送が見送られるドラマもあるそうです」(テレビ局関係者)

 春ドラマでひときわ注目されていたのは、待望の続編となったTBS日曜劇場『半沢直樹2』だ。

「いちばんの注目枠です。今夏の日曜劇場は長澤まさみさん(33才)出演の『ドラゴン桜2』が予定されていました。15年ぶりの続編ですし、この時期は大学入試制度が変わる直前ということで、話題性は充分ですから。ところが、これがあっさりと後回しにされそうなのです」(TBS関係者)

 理由は、秋以降にあるという。

「当初は、秋以降のドラマをずらすか、『ドラゴン桜』の話数を削減するかのどちらかという話になりましたが、TBSはそのどちらにもせず、『ドラゴン桜』の“延期”に踏み切ったようなのです」(前出・テレビ局関係者)

 鍵を握るのは綾瀬はるか(35才)だという。

「秋の日曜劇場は、妻夫木聡さん(39才)と吉高由里子さん(31才)がダブル主演する『危険なヴィーナス』が予定されています。脚本は超売れっ子の黒岩勉さん。制作は『グランメゾン東京』などの実績のあるチームです。

 では冬はどうかというと、主演が綾瀬さんで脚本は森下佳子さんの『JIN-仁-』『義母と娘のブルース』というヒットを飛ばしたこちらも超人気コンビ。どちらも数字が見込める作品で絶対延期できない」(前出・テレビ局関係者)

 その結果、長澤が押し出された格好になったのだ。「綾瀬さんのドラマが最優先にされるのは納得の結果です」と話すのは、映画関係者だ。

「長澤さんと綾瀬さんはここ数年で業界での扱い方がガラっと変わりました。『世界の中心で、愛をさけぶ』では、2004年の映画版で長澤さんが、ドラマ版では綾瀬さんが主演。映画の方が注目度も評価も高く、当時は長澤さんの方が女優として格上でした。

 ただ、綾瀬さんは女優としての実力をメキメキと発揮。姉妹役で共演した2015年の映画『海街diary』では、綾瀬さんが主演扱い。ドラマでも『奥様は、取り扱い注意』、前出の『義母と娘の〜』などヒット作を連発し、立場を逆転させました。綾瀬さんは国民的女優であり、最も視聴率が取れる女優といっても過言ではない。綾瀬さんのスケジュールやドラマは当然最優先事項でしょう」(映画関係者)

 テレビ朝日では、木村拓哉(47才)主演の『BG2』という超話題作が春からずれこみ放送がスタートする予定だ。

「6月に撮影は再開しました。木村さん主演作品ですし、話数は変わらず放映される予定です。割を食う形になるのは、鈴木京香さん(52才)と波瑠さん(28才)が主演する『未解決の女2』でした。というのも、秋には米倉涼子さん(44才)主演作が同枠で決まりそうになっていたからです。ただ、それが白紙になったとか」(芸能関係者)

 女同士の戦いはこれからが本番を迎える。

※女性セブン2020年6月18日号