東京競馬場を舞台とした5週連続GI開催も、いよいよ最後の一戦を残すのみとなった。ラストを飾るのは、「春のマイル王決定戦」となるGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)だ。

 最大の目玉は、「現役最強馬」アーモンドアイ(牝5歳)の参戦だろう。今春は、現地まで遠征したドバイでのレースが直前で中止になってしまったものの、仕切り直しで出走した前走、GIヴィクトリアマイル(5月17日/東京・芝1600m)を圧勝。軽く仕掛けただけで、コースレコードにコンマ1秒差という走りを披露して、通算7回目のGI勝利を飾った。

 昨年末のGI有馬記念(9着。12月22日/中山・芝2500m)での惨敗のショックも完全に払拭。安田記念では、史上最多となる芝GI8勝への期待がかかる。

 しかしながら、安田記念は”荒れるGI”のひとつとして有名だ。過去10年の3連単の配当は、すべて万馬券。しかも、最も低かった昨年でも4万3720円という好配当をつけており、10万円以上の高配当が7回も出ているのだ。そのうち、20万円以上の高額配当が5回もあって、GI5連戦の締めくくりに相応しい”オイシイ”レースと言える。

 昨年も、断然人気のアーモンドアイが3着に敗れて波乱となったが、今年も重要になるのは、同馬の扱い。その点について、デイリー馬三郎の吉田順一記者はこう語る。

「東京コースなら、マイル(1600m)から2400mのレースでは『現役最強』。ただ、今回に関しては、中2週のローテーション、というのがポイントになります」

 事実、今回はデビュー以来、最も短い間隔でのレース出走となる。もともとレース後の消耗度が激しいタイプゆえ、たしかに懸念される材料だ。

「それでも、今までにないローテンションを組んで、今回のレースに出走するのは、ここに来ての(アーモンドアイの)体力強化が要因でしょう。また、ヴィクトリアマイルでは、ほぼ持ったまま快勝。(陣営が)消耗度の少ないレースだったと判断したとも考えられます。

 しかし、(ヴィクトリアマイルで)あまり追われなかったとはいえ、上がりタイムと走破時計は秀逸。残り1ハロンあたりから、手前を3度も変えていることからも、消耗は少なからずあったはず。戦績的に、無理に使うほどの馬ではないのに出走してくることから、『大丈夫』との判断はできますが、見えない疲れがないとも言えません。最終の追い切り、当日の気配など、チェックは必要でしょう」(吉田記者)

 となると、アーモンドアイで「絶対」とは言えない可能性もある。思わぬ馬の台頭も考えておくべきだろう。

 では、どういった馬が狙い目となるか。日刊スポーツの木南友輔記者は、安田記念特有の馬場状態に目を向けて、こんな見解を示す。

「もちろんパンパンの馬場状態の年もありますが、例年梅雨入りする時期で、道悪やちょっと渋った馬場で行なわれることが多いのが、安田記念です。今週も概ね天気はよさそうですが、急な雨には注意が必要とのこと。アーモンドアイ自身も渋った馬場は不問ですが、今回はヴィクトリアマイルのような、1分30秒台での決着は考えにくいんですよね。

 1分30秒台で走れる馬となると、限られてしまいますが、1分31秒台後半〜32秒台の決着になれば、チャンスのある馬は増えます。そして、渋った馬場になれば、道中ゴチャつく展開も十分に考えられ、渋った馬場で結果を出す馬、渋った馬場で思い切った騎乗ができる騎手の馬が、激走馬の候補になると見ています」



安田記念での一発が期待されるペルシアンナイト

 そこで、木南記者が推奨するのは、3歳時にGIマイルCS(京都・芝1600m)を勝っているペルシアンナイト(牡6歳)だ。

「安田記念では一昨年(6着)、昨年(10着)とも結果は出ていませんが、一昨年は直線で詰まりまくり。昨年は最後方から脚を使っていて、決してノーチャンスの馬とは思えません。

 前走のGII中山記念(3月1日/中山・芝1800m)では、今回上位人気が予想される1着ダノンキングリー(牡4歳)、4着インディチャンプ(牡5歳)を相手に、まずまずの内容で5着と善戦しました。ドバイ帰りなので、状態をしっかり確認する必要がありますが、気になる1頭です。

 そして、今回の鞍上は田辺裕信騎手。田辺騎手はロゴタイプとコンビを組んで安田記念(2016年)を勝っていますが、その時は各馬がちょっと荒れた内を避けたところ、迷いなくラチ沿いを選択し、巧みに逃げて粘り込みました。

 この勝負勘、馬をうまく導ける腕が、田辺騎手の魅力です。馬にも、騎手にも、一発気配を感じます」

 木南記者はもう1頭、推奨馬を挙げる。

「一昨年のGI NHKマイルC(東京・芝1600m)の覇者ケイアイノーテック(牡5歳)です。今年に入ってから、いい競馬が続いていますし、ちょっと時計がかかる展開もいいかもしれない、と見ています。

 前走のGII京王杯スプリングC(5月16日/東京・芝1400m)では、馬群をさばく形で、脚を余し気味の走りでした。それでいて、勝ち馬からコンマ5秒差の6着。当時の状態を保っていて、時計がかかる馬場になれば、面白いかも、と思います」

 一方、吉田記者は「まだまだ速い時計の馬場が続く」と踏んで、マイル以下の距離に実績があって、時計勝負となっても見劣らない馬に注目する。

「グランアレグリア(牝4歳)です。昨年末のGII阪神C(12月21日/阪神・芝1400m)では、1分19秒4というレースレコードで完勝しています。

 前走では、初の1200m戦となるGI高松宮記念(3月29日/中京・芝1200m)に出走。走法や体形から、重馬場でも問題なかったと思いますが、ペースが落ち着いて、前の馬の流れになったことが響きました。それでも、苦しい展開のなか、ハナ差の2着に食い込んだあたりは、地力の高さが成せる業でしょう。

 先に触れた阪神Cの勝ち方は、戴冠を遂げた昨年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を勝った時よりもインパクトが強く、馬込みで脚をタメつつ、一瞬の脚を引き出す乗り方ができれば、ここに入っても爆発力はトップクラス。先週の日本ダービーで、10番人気のヴェルトライゼンデを3着に持ってきた池添謙一騎手が、連続騎乗することも間違いなくプラスに働きそう。直線の長い東京コースですが、上位争いできると見ています」

 吉田記者ももう1頭、昨年の高松宮記念の勝ち馬ミスターメロディ(牡5歳)を穴馬候補に推す。

「手前の関係から、左回りでパフォーマンスを上げるタイプです。加えて、スピードだけでなく、パワーも秘めています。この辺りが、芝、ダート問わずに走れる要因でしょう。

 昨年の高松宮記念を勝って以降、8着、4着、6着と揮わないうえ、今回はおよそ7カ月ぶりのレースとなります。そうした状況にあっても、復帰戦をここにしたのは、関係者には多少なりとも色気がある、ということでしょう。

 今回のメンバー構成であれば、楽に主導権を握れる算段。さらに好走するためには、時計の出やすい設定で、平均的なラップという条件がつくものの、人気薄の単騎逃げがハマれば、東京・芝1600mの舞台でも、馬券圏内(3着以内)への粘り込みがあっても不思議ではありません」 3歳クラシックでは、デアリングタクト、コントレイルといった断然の人気馬が勝利を飾ってきた。その流れを受けて、アーモンドアイが再び圧倒的な強さを見せるのか。それとも、過去の歴史どおり、今年も波乱が起こるのか。願わくは、ここに挙げた馬たちが見事な激走を見せて、高配当をゲットしたいところだ。