アニメ『GOH』の主題歌アーティストが決定!

写真拡大

韓国NAVERが運営中のWEBコミックサイト『NAVER WEBTOON』の連載作品で、アニメ化が決定している『ゴッド・オブ・ハイスクール』(日本では電子コミックサービス『LINEマンガ』にて連載中)のOP&ED主題歌を担当するアーティストが決定!

本作はDragon&dragonによる、自称最強の高校生「ジン・モリ」が全世界最強の高校生を決める大会「ゴッド・オブ・ハイスクール」に挑んでいく、バトルアクション漫画。

クランチロールオリジナル作品として動き出した『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』の制作は、世界的人気の制作スタジオMAPPAが担当し、監督はアクションで評判の朴性厚、キャラクターデザインは秋田学が手掛ける。加えてシリーズ構成は幅広いジャンルを手掛ける吉村清子という強力な布陣で、原作の持つアクションやキャラクターの魅力を最大限に引き出してアニメ制作が進んでいるという。

そしてこの度、主題歌を担当するアーティスト情報が公開に! 主題歌面についても世界で活躍する強力なアーティストが担当する。

オープニングテーマ曲は、世界各国ビッグフェスでのDJアクトほかゲーム音楽プロデュース、ロックバンド活動などでも活躍する日本を代表する精鋭音楽プロデューサー兼DJでもあるKSUKEによる楽曲『Contradiction feat. Tyler Carter』に決定。

そしてエンディングテーマ曲は、2019年に韓国でデビュー後すぐに2019 VLIVE AWARDS V HEARTBEAT でGlobal Rookie TOP5を受賞、世界中で高い評価を受けるK-POPの次なる期待の新星ともいわれる5人組CIXの『WIN』が担当する。

主題歌を担当することとなったアーティストからはコメントが到着!
KSUKEは『GOH』の見どころであるバトルシーンにもマッチする仕上がりとなったと、楽曲に自信を見せ、CIXは幼い頃から有名な作品であった『GOH』の主題歌を担うことへの喜びのコメントを寄せた。

各アーティストのコメント全文は次ページをチェックしていただきたい。

本作の放送は7月からスタートの予定。
今後も新情報をチェックしつつ、放送を楽しみに待ちたい。

(C) 2020 Crunchy Onigiri, LLC
Based on the comic series The God of High School created by Yongje Park and published by WEBTOON