昨季、シーズン終盤に定位置を確保した鈴木(23番)。昇格プレーオフの決定戦では先制点を奪った。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 昨季、徳島はJ1参入プレーオフの決定戦まで進出したが、湘南に1-1と引き分けて昇格には一歩届かず。今季はその悔しさを胸にスタートを切った。筆者がそんな徳島を取材するなかで、最も心を揺さぶられた選手がいる。ボランチを主戦場にシャドーでもプレーする鈴木徳真だ。

「全員で1位、2位を目指して、J1に昇格したいと思っています。いや、思っていますと言うか、『絶対にする』って決めています」

 そう語る鈴木を、普段の飄々とした振る舞いや自身を客観視できるあたりから論理的な人物だと勝手に思っていた。しかし、試合では喜怒哀楽を爆発させる感情的な人物で、イメージとは対照的。一般的に対極と考えられる性格が同居しているのだ。それが1年間、取材して抱いた印象で本人にその話を振ってみると、こう答えた。
 
「心の中は情熱しかありません。心は熱く、頭は冷静にと思っているので。負けたくないのは心だし、プレーは頭から神経回路を伝って感覚的にしていると思う。俺の心の中は雑草魂。僕は街クラブで育って、高校と大学は名門に行かせてもらいましたが、いずれにせよ『こいつには絶対負けたくねえ!』というハングリー精神でやってきた。劣等感をではないですけど、比較されて周りのほうが上手いと言われてきて『ムカつくな。絶対負けねえ』と思っています」

 コメントで一人称は「俺」と「僕」が混在し、表現方法も論理的だったり感情的だったりと、“複数の鈴木徳真”が汲み取れる。惹かれるのは、どういう人物なのか知りたい、という好奇心をくすぐられるからか。
 
 最も心を鷲掴みにされたのは、昨季を振り返りながら「多分あの1本は絶対に忘れない」と語気を強めた瞬間だ。その1本とは徳島サポーターなら覚えているだろう。J1昇格がかかった湘南戦の同点で迎えた後半アディショナルタイム。右足一閃のシュートがネットを揺らす。しかし、当たったのはサイドネットだった。

 たらればだが、「それが、J1かJ2かを左右した」。さらにこう続ける。
 
「練習から決めている選手であれば、あの場面でも入ったと思います。でも、練習で狙っていたなかで、決められていなかった。その結果が露骨に出ました。あそこで決められなかった俺がすべての責任を負う必要はないですけど、同時にそれだけ強い覚悟があの結果で持てました。あの1本が入っていれば。軌道がもう少し内側であれば、と映像を観たときに思い出します。期待させたのに『俺が決められなかったから、皆で目指してきたJ1昇格を成し遂げられなかった』と。だからこそ、今はその分も含めてチームに貢献したいです」

 昨季の悔しさを胸に戦うからこそ、余計に「(J1昇格を)『絶対にする』って決めています」の言葉には重みがあった。新型コロナウイルスによりリーグは中断されているが、鈴木の雑草魂は今も燃え続けているに違いない。

取材・文●柏原 敏(フリーライター)

【PHOTO】あなたのタイプは?SDカメラマンが厳選した”イケメンJリーガー”を一挙紹介!