ソーシャルメディア分析やリテールマーケティング業務を展開するデータセクションのグループ企業iVOICEは3日、音声解析AIを使用して会議の議事録を作成するサービス「GIJIREC」を開発、無料で2週間利用できるトライアル版の提供開始を発表した。

音声解析AIを活用した議事録作成サービス「GIJIREC」(同社資料より)

サービスはSaaS形式で提供され、会議での発言内容を音声認識AIが解析しリアルタイムにテキスト化し議事録を作成する。同社ではサービス利用を会議以外の取材やインタビューでのデータ起こし、講演会やセミナー、研修の講義録、医療現場での診療録などでの活用も想定しており、メモを取らずに会議や会話など本来のタスクに集中できることを述べている。

iVOICE(公式Webサイト)

「GIJIREC」を開発するiVOICEは、データセクションのグループ企業で音声解析AIの社会実装のために2020年1月に設立。音声議事録作成以外にも音声翻訳や合成音声の開発を行っている。今後は、英語や中国語への同時翻訳機能などの追加を想定して開発を進めるという。