藤田ニコル、渡部建、野々村友紀子

写真拡大

神田愛花が6月3日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00〜)に出演。夫・バナナマンの日村勇紀との自粛生活を明かす一幕があった。

ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCのフットボールアワー・後藤輝基、SHELLY、指原莉乃がトークを繰り広げる同番組。今回の企画は、先週に引き続き「緊急特別企画!今くら本音電話センター!! パート2」で、アンジャッシュ・渡部建、野々村友紀子、藤田ニコルらが電話オペレーター(スタジオゲスト)となって芸能人のお悩みを聞いた。

友人とリモート飲み会をしているという神田。女子高の友人なので、女性ならではの会話や昔の恋愛話が多く、日村には聞かれたくないという。しかし、日村がカメラに映りたがることもあり、事前にNG話をLINEで共有していると語る。よって誘うのは、日村がいない深夜ラジオの生放送の日(金曜日)になることが多いとのこと。

そんな日村との夫婦関係は良好。自粛生活ではケンカがほぼなく、日村の影響でゲーム「ボンバーマン」も始めたそう。オンラインでは「(バナナマンファンで日村の友人の)中村倫也さんとか、みんなでやっています」と明かした。

また、神田はイチャイチャしたいそうなのだが、日村が拒否をしているという。よって、毎年クリスマスに、10分だけ日村を自由にできる「愛花の券」(月に1回使用可能で12枚発行)をくれるので、そちらを利用しているそう。月に一度だけしかイチャイチャできない状況にスタジオが驚く中、ニコルは、イチャつきたい気持ちをガマンすれば「絶対日村さんも気になって(寄ってくる)」とアドバイス。しかし、神田は「ガマンが出来ない……」と落ち込んだ。

ほか、高級料理研家・辰巳奈都子と渡部がバトル。料理をしない渡部がグルメを語ること自体がおかしいと彼女がクレームを出すと、渡部は、いかに美味しいものをしっかりレポートするのかが自分の仕事だと一言。よく、料理の手間について語る人がいるが、プロの話に素人がクビを突っ込んでいるのと一緒であると論破した。辰巳が「そういう姿勢を崩さないのが、渡部さんの人気のない要因」とバトルをしかけるも、返す刀で「お前より人気はあるわ!」と、バッサリ切り捨てた。

負けじと噛みついてくる彼女だったが、高級料理のお金を誰が出しているのか不透明のため「そのあたりクリアにならないと、誰もあなたの話を聞かない」と渡部。無駄にバトル形式に持ち込もうとする彼女に対し、渡部へのリスペクトも感じられることから、野々村は「キャラがまだ固まっていない」とツッコミを入れていた。