播戸氏が1位に選ぶ「06年のG大阪」の布陣。MVPには遠藤、MIPにはマグノ・アウベスを挙げている。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思うチームトップ3”を選んでもらっている。ここでは、G大阪やC大阪などで活躍した元日本代表FW播戸竜二氏の“トップ3”を紹介しよう。

――◆――◆――

「播戸竜二氏が選ぶ“最強チームトップ3”」
1位:2006年のガンバ大阪
2位:2010年のセレッソ大阪
3位:2008年のガンバ大阪
 
 俺のキャリアで最強だったのは06年のガンバ。ツネさん(宮本恒靖)、ヤット(遠藤保仁)、山口(智)さん、橋本(英郎)、二川(孝広)と代表クラスばかりで、シジクレイ、フェルナンジーニョ、マグノ・アウベスと助っ人も超強力。で監督は西野(朗)さんと、“オールスター”だった。

 リーグ優勝は逃したけど、個々の強さはピカイチやったと思う。特に遠藤のパフォーマンスは別格。彼がシーズン途中にウイルス性肝炎で離脱していなければ、リーグ優勝できていたと俺は確信している。あとはマグノの得点力も強烈やった。

 そしてなにより、強烈な個性をまとめていた西野さんも素晴らしかった。締めるところはきっちりと締めて、あとは自由にやらせるみたいな、そのバランスが絶妙で、自然と選手を同じ方向に向かせていた。

 同じくガンバでは08年も強かった。リーグカップで優勝した07年も、それはそれで良いチームやったけど、08年はACLを制覇したからね。「アジアチャンピオン」の称号がなにより強さを物語っているし、クラブ・ワールドカップでも3位と好成績を残した。

 シジやマグノはもういなかったけど、それでも頼りになったのがルーカス。バンバン点を取るし、日本語を喋れるから、日本人とブラジル人の間を取り持ってくれていた。

 それとミネイロも欠かせない存在だったな。覚えているガンバサポーターは多いんじゃないかな。試合にはあまり出られていなかったけど、常に明るく一生懸命。最高のムードーメーカーだった。チームワークが良かったのは、素晴らしい人間性を持った助っ人のおかげでもある。
 ただ2位には10年のセレッソを入れたい。俺は加入1年目やったけど、(香川)真司、乾(貴士)、清武(弘嗣)とか、めっちゃ上手い若手が揃っていて驚いた。その才能をうまく引き出してリーグ3位に導いたクルピの手腕は天晴れ。

 それにボランチのマルチネスとアマラウ、FWのアドリアーノとブラジル人も実力派揃いで、(上本)大海と茂庭(照幸)のCBコンビも鉄壁やった。特にマルチネスはめっちゃ上手かったな。バルサで言うところの(セルヒオ・)ブスケッツみたいな。今まで一緒にやった外国人ボランチでは抜群やった。

 やっぱり振り返って思う。人間性はめっちゃ大事やなと。なんぼ良い選手が集まってもチームワークがなかったら優勝なんてなかなかできない。優勝したり、躍進したりするクラブの一番の武器はチームワーク。「チームのために」っていう気持ちをみんなが持っているか。その点で、俺が挙げたトップ3は素晴らしいチームやった。

――◆――◆――

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト』2020年6月11・25合併号より一部加筆・転載。
【詳細情報】2020年6月11.25日合併号