名古屋グランパス、新型コロナ感染の陽性判定者発生をうけ在宅勤務へ再度移行

写真拡大

 名古屋グランパスは3日、勤務形態を変更すると発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 名古屋は6月1日からトップチームの全体練習を再開し、2日から従業員も通常勤務に移行していた。しかし2日、緊急Web会見を行い、FW金崎夢生が新型コロナウイルスに感染していることを発表。これをうけ名古屋は勤務形態を在宅勤務に戻すことを発表した。また、これに伴いグランパス代表電話は休止となることも併せて伝えている。