サッカー日本代表・心を揺さぶられたベストゲーム
第3回:
1997年11月16日 ワールドカップ・アジア最終予選アジア第3代表決定戦
日本3−2イラン

 見る者の想いを背負い、世界トップクラスを目指して走りつづけてきたサッカー日本代表。その長い戦いのなかで、歴史を大きく動かした名勝負がある。このシリーズでは、各筆者がそれぞれの時代のベストゲームを紹介していく。

 1997年11月16日。マレーシア・ジョホールバルにあるラルキン・スタジアムにおいてフランスW杯アジア予選の第3代表決定戦、日本対イラン戦が行なわれた。


イランを破ってW杯初出場を決め、歓喜に沸く日本代表の選手たち

 当時のイランは、FWアリ・ダエイ(ビーレフェルト)、コダダド・アジジ(ケルン)、MFカリム・バゲリ(ビーレフェルト)と、3人がブンデスリーガでプレーしており、右アウトサイドには、フランスW杯後にブンデスリーガのボーフムに移籍するメフディ・マハダビキアがいた。右サイドから崩して、ダエイ、アジジのツートップで勝負。それがイランの攻撃の特徴だった。個の能力とフィジカルの強さを前面に出し、その攻撃力はアジア最高とも言われていた。

 基本フォーメーションは3−5−2だが、この試合では出場停止のバゲリの代わりに、前回のアメリカW杯アジア予選でも日本を苦しめた右サイドのスペシャリスト、ベテランのジャヴァド・ザリンチェフをボランチに置いた。さらに右アウトサイドのマハダビキアを前線に置き3−4−3のフォーメーションに。3トップにすることで、日本のサイド攻撃を抑えるだけでなく、自分たちの攻撃力を最大限に活かす作戦できた。

 一方、日本代表の生命線は山口素弘、名波浩、中田英寿の中盤のトライアングルを中心に、そこから左サイドバックの相馬直樹を絡めた左からの攻撃だった。もうひとりの中盤には、アウェーの韓国戦から機能しはじめた北澤豪をスタメンで起用。北澤の豊富な運動量と予想のつかない神出鬼没な動きは、日本のアクセントになっていた。前線は三浦知良と中山雅史のツートップだ。

 イランの右サイドと日本の左サイド、どちらが主導権を握るのか。それが試合のひとつのポイントとなった。

 フランスW杯アジア最終予選は、それまでのセントラル方式からホーム&アウェー方式に変更して行なわれた。しかし、この第3代表決定戦だけは、日程上の都合により、中立国での一発勝負に。普通に考えれば、立ち上がりの10分、15分はお互いに相手の出方を見る慎重な入りをすると思われていた。しかも、ジョホールバルはマレーシアで最も赤道に近い最南端にある。蒸し暑さを考えれば当然のことだ。

 だが、試合は立ち上がりから攻め合いになった。試合開始早々、名波からパスを受けた相馬が左からアーリークロスを上げると、イランDFが戻りながらヘッドでクリアしたボールはイランゴールに吸い込まれた。オウンゴールかと思われたが、これはオフサンドでノーゴールに。6分にも山口の縦パスを北澤が落として中田がシュートを打つなど、日本ペースで始まった。

 最初にビックチャンスを迎えたのはイランだった。前半10分、右サイドでのマハダビキアとザリンチェフのパス交換から、最後はダエイがヘッドでゴール前に落とし、飛び込んできたアジジのシュートはわずかに左にそれる。

 イランは右のマハダビキアが、スピードに乗ったドルブルで相馬の背後を突いた。マハダビキアが中に絞れば、その外側をザリンチェフがオーバーラップする。その動きに中田や名波が引っ張られるシーンもあった。それでも相馬は、マハダビキアのポジションを確認しながら、果敢に攻め上がっていった。このイランの右と日本の左の攻防は、非常に見応えがあった。

 その後もお互いに攻め合うが、日本のシュートはなかなか枠を捉えられない。イランもアジジのシュートがGK川口能活のファインセーブに阻まれ、マハダビキアのシュートは左ポストを直撃した。

 均衡を破ったのは日本だった。前半39分、名波が中央からダイレクトで中田に縦パスを入れると、中田はワントラップして中山にスルーパスを送る。中山が冷静に決めて、日本が先制に成功する。前半は日本が1−0で折り返すが、このまま終わる気がしなかった。お互いに積極的に攻める姿勢は、点の取り合いを予想させた。

 後半に入ってすぐ、イランは得意の右サイドで、マハダビキア、ザリンチェフのパス交換からダエイがシュート。川口が弾いたところにアジジが詰めて同点に追いつく。さらに後半14分にもマハダビキアの右からのクロスにダエイがヘッドで合わせ逆転した。

 岡田武史監督はすぐに動いた。後半19分、カズ、中山に代えて城彰二と呂比須ワグナーを投入する。その3分後に、この試合のポイントとなることが起きる。イランは、それまで果敢に右サイドを攻め上がりチャンスに絡んでいたボランチのザリンチェフをベンチに引っ込め、フォーメーションを3−4−3から3−5−2に変え、「守ってカウンター」に戦術を切り替えた。

 日本は、それまでイランの右からの攻撃に苦労していた相馬が高い位置を取れるようになり、マハダビキアを下げさせた。右サイドの名良橋晃も高い位置をとった。後ろは井原正巳、秋田豊、そしてボランチ山口の3人でイランのツートップをケアし、日本の攻撃が息を吹き返す。

 すると後半31分、相手の縦パスを山口がカットし名波へ、名波が素早く左サイドにいた中田にパスを出す。中田はゴール前へクロスを上げ、城がヘッドで決め同点に追いつく。その後は日本が完全に主導権を握り、試合はそのまま延長戦に突入した。

 日本は北澤に代え、最後の1枚として岡野雅行を投入。その後の試合展開は今さら言うまでもない。決定機を外しまくった岡野が最後の最後にゴールデンゴール(Vゴール)を決め、W杯初出場を決めたのだ。

 日本の選手たちは冷静だった。中立国・マレーシアでの試合にもかかわらず、満員のスタンドの9割が日本人サポーターで埋め尽くされたこともあっただろう。後半に逆転された場面でも、焦りもしなければ、慌ててもいなかった。

 無駄なファウルもしなければ、苦し紛れのパスもなかった。跳ね返されても、跳ね返されても攻め続けた。相手の悪質なファウルにも、フィジカルの差でピッチに叩きつけられても、文句を言わず立ち上がった。イランのGKアハマド・レザ・アベドザデが、時間稼ぎのためにゴールキックを遅らせたり、ピッチに倒れて立ち上がらなくても、レフェリーにクレームをつけることはしなかった。「この試合は自分たちが勝つ」という自信さえ感じさせた。

 振り返ってみればこの予選、国立競技場での韓国戦で逆転負けを喫し、アウェーのカザフスタン戦ではアディショナルタイムに追いつかれ加茂周監督が更迭。続くウズベキスタン戦も引き分け。ホームでのUAE戦も勝ち切れず引き分けに終わり、試合後には一部のファンが暴徒化した。

 そんな”茨の道”から勝ち進んできた大一番である。右サイドと左サイドの対決、意地と意地とのぶつかり合い、力と力の真っ向勝負を挑んで歴史を作ったイラン戦。日本サッカーの歴史を変えたこの試合は、このチームにとってのベストゲームでもあった。