【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティに所属する20歳のU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンは、ビーチで一般ファンとサッカー勝負に興じ、外出制限や社会的距離のガイドラインに違反したとみられている。英紙『デイリー・メール』などが2日付で伝えた。

 新型コロナウイルスの影響によるロックダウン(都市封鎖)は緩和されている英国だが、現在でも2メートル以上の社会的距離を取ることなどは要請されている。プレミアリーグの選手たちに対しては、その距離を守ることはもちろんとして、買い物などにも外出しないよう指示が出されているという。

 だがフォーデンはビーチを訪れただけでなく、ファンからの挑戦を受けて砂浜で1対1の勝負にも応じたようだ。至近距離でボールを奪い合う様子の動画や、5人で密着して撮影された集合写真などが公開されている。

 通常であっても負傷などのリスクを伴う行動だと言えるが、現在の状況では明らかな違反行為。クラブはフォーデンに対して厳しい叱責を行い、改めて責任ある行動を要求することになると予想されている。

 ロックダウンの開始以来、イングランドではサッカー選手のガイドライン違反が問題となる事例が相次いでいる。シティでもイングランド代表DFカイル・ウォーカーが「セックスパーティー」を開催したとして問題視されたケースなどがあった。

text by 編集部