ナンパ=遊びというイメージは強いですよね。確かに遊び目的の男性も多くいます。しかし、ナンパから結婚に発展したという夫婦も多くいます。結婚式場ではナンパで出会った夫婦のことを「幾千の出会いの中で運命的な出会いを果たし」と表現されるそうです。
つまり、それだけナンパから結婚した夫婦がいるということです。そこで今回は本気の恋に繋がるナンパを見極める4つのポイントをご紹介いたします。

見た目が好みで声をかけてきた

「同じ駅でいつも降りる女性が気になっていて、勇気を出して声をかけました。少しでも警戒されないように名刺を渡したら、連絡先を交換する事ができました」(20代後半・男性・研究営業)

▽ 恋愛をする上で男性は相手の見た目をとても重視します。ただ単に美人ということではなく、自分の好みかということです。ナンパ=手当たり次第という人もいますが、好みの人に厳選して声をかけているという人もいます。
また中には普段はナンパはしないけれど、あまりにもタイプだったために声をかけてしまったという人もいるのです。「見た目がとにかくタイプだった」という理由でナンパをしてきた相手は自分のことをとても大切にしてくれる可能性を秘めています。

言葉にして愛情表現をしてくれる

「ナンパでの出会いだったので初めは警戒していたのですが、会うたびに付き合って欲しいと言われ、4回目のデートで付き合うことに決めました」(20代前半・女性・エステティシャン)

▽ 遊び慣れている男性ほど、言葉を使った愛情表現に慎重になっています。過去にトラブルになったことがあり、不用意に好きと言ったり、付き合おうということは避けています。
逆にいえば、言葉での愛情表現をしてくれる人はそれだけ安心できるということです。ただ中には口先だけで行動が伴わないという人もいるので、言葉+態度で最終的には判断しましょう。

周りに彼女として紹介してくれる

「飲み会に彼女を連れていったら、遊びの女だと思われてしまい、友人が口説き始めてしまいました。きっぱり彼女だからそういうのやめろと言ったところ、彼女もちゃんと付き合っているんだと安心してくれました」(20代後半・男性・営業職)

▽ 周りに紹介してくれるかどうかというのは、遊びか本気か判断する一つの目安になります。ただし、ただ友達に会わせてくれただけでは友達に最近口説いている女としか伝わっていない場合があります。きちんと彼女として紹介してくれるかどうか見極めましょう。

不安な気持ちにさせない

「彼との出会いはナンパだったので、最初は不安だったんですが、連絡もマメで会いにきてくれることも多く、大切にされているんだと実感できたのでいつの間にか不安が消えていました」(20代後半・女性・WEBデザイナー)

▽ 遊びか本気か見極める1番のポイントは結局のところ、自分の気持ちです。一緒にいて不安な気持ちにさせるような男性の場合、残念ながら遊びの可能性が高いでしょう。
ナンパでの出会いだからこそ、男性は不安な気持ちにさせないように努力します。不安に思う=大切にされていません。