家庭用も自動車用も基本的な構造は同じ

 その昔は新車で乗り始めてしばらくすると、エアコンからなんともいえないすえたニオイが漂ってきたものだ。カビ臭いというかなんというか、ひどい場合は乗っているのが耐えられなくなるほどだった。

 現在はエアコンにフィルターが付くようになったし、プラズマクラスターやナノイーなどを付けることでかなり改善しているが、それでもなんとなく漂ってくることがある。そもそもなぜ悪臭は発生するのだろうか。

 カーエアコンの仕組みは基本的に家庭用と同じで、室外機がエンジンルーム内にあって、部屋にあるエアコン本体は車内に付いているものと思っていい。

 家庭用エアコンではルーバーの部分を開けるとフィルターが付いていて、定期的に溜まったホコリなどを落とすが、さらになかのフィン(ここが冷えて冷気の元になる)にもフィルターを通過してしまった汚れが入り込んでいることも多い。

 お掃除サービスでエアコンクリーニングと言っているのは、このフィンのすき間に入り込んだ汚れを落とすことをメインとしている。実際にやってもらうと、黒い液体が大量に出てきてビックリするが、クルマの場合も同じ。同じというか、以前はフィルターが付いていなかったので、汚れはストレートに溜まりまくり。それが腐食して悪臭の原因になっていたのだ。

自動車用はカンタンに清掃できないのがネックだ

 カーエアコンでは冷気を作るフィンの部分をエパポレーターと呼ぶが、エアコンの場合、除湿をするので車内で取れた水分がここに溜まり、汚れやゴミが腐食しやすいというのも悪臭が出やすい理由のひとつだ。

 問題となるのは、家庭用と違って、クルマのエバポレーターはインパネのなかに入っているのでアクセスしにくいということ。とはいえ、ここを洗わないと悪臭のもとは除去できないため、専用の長いノズルを使って手探り、またはファイバースコープを覗いて、スプレーで液剤を注入して洗う方法が一般的だ。ディーラーでも行ってくれるサービスなので、気になる人はぜひ利用してほしいが、ひどい場合は真っ黒な汚れが流れ出てくることもある。

 内部を洗浄したら抗菌剤を注入して仕上げて、さらにフィルターも新品に交換すると完璧。吹き出し口に溜まった汚れも悪臭の原因のひとつにはなるので、綿棒や割り箸に布を巻いたものなどを使って、できる限りの範囲でいいのでクリーニングしてやろう。ちなみに管理が悪いと、エアコンの空気には雑菌が含まれているという研究結果もあるので、健康のためにもできるだけクリーンにしておきたい。