Microsoftは米国時間2020年6月1日、Host Integration Server 2020をリリースしたことを公式ブログで明らかにした。Host Integration ServerはIBM z/OSなどIBM製メインフレームと、ネットワークやデータ、アプリケーションなどの統合を図るソリューションである。最新版となるHost Integration Server 2020では、クライアントおよびサーバーの効率的な展開を可能にするために、インストーラーおよび構成の改善やアクセスの容易さを改善した。また、サポートするOSの範囲も広げている。

Windows Server 2019で動作するHost Integration Server

Host Integration Server 2020サポートするMicrosoft製品は、Windows Server 2019/2016、Windows 10、.NET Framework 4.8、BizTalk Server 2020、SQL Server 2019/2017、Visual Studio 2019/2017。IBM製品のサポートは、IBM z/OS 2.3/2.2、IBM z/VM 6.3、IBM zVSE 6.1、IBM i 7.3/7.2、IBM CICS 5.4/5.3、IBM IMS 14.1/13.1、IBM MQ 9.1/9/8、IBM DFSMS DFM for z/OS 2.3/2.2、IBM DB2 for z/OS 12/11、IBM DB2 for i 7.3/7.2、IBM DB2 for LUW 11.5/11/10.5と多岐にわたる。より詳細な情報はリリースノートを参照してほしい。

阿久津良和(Cactus)