チーム練習を再開させた名古屋。久々の本格的なトレーニングを相馬は喜んだ。(C)N.G.E.

写真拡大

 7月4日に決まったJ1再開に向け、名古屋がリスタートを切った。6月1日、新型コロナウイルスの影響で休止していた全体練習を行ない、選手たちが元気な姿を見せた。

 この日は早速、ゲーム形式のトレーニングも実施。「ずっとやりたかったので、やっぱり嬉しかったです」。笑顔を見せたのは東京五輪世代の相馬勇紀だ。

「頭のところは鈍ってなかったなというのはありますが、サッカーは複合的な動きが必要なので、そこは上げる必要があるかなと思います」と今後の課題を見据えるが、リーグ再開までの不安はないという。

「(約1か月の準備期間は)長くも短くも感じないというか、地域によって多少誤差があると思いますが、各クラブ一定の準備期間だと思います。試合がある週を除いてこれから4週間あると思いますので、そこでフェーズを考えてやっていきたいです。コロナで中断する前も、4週間で身体を作れていると思うので、今回はベースがある分、より技術や戦術の部分に時間を割けるので、プラスに捉えたいですね」
 自身は活動自粛となった中断期間で、肉体の強化を図ってきた。チームメイトも認めるフィジカルとスピードに、さらに磨きをかけるため、筋力トレーニングに励んできたというのだ。全体練習再開前にはこんな話もしてくれていた。

「この期間で身体が大きくなったと思うんですよ。リモートでのトレーニングなどを通じて、筋トレ、バランストレーニングの量を増やしたので、身体つきがひと回り大きくなったのかなと。主におしりと上半身ですね。『また太くなった』と仲間にも言われてます。

 僕は筋肉が付きやすく、太りやすい体質でもあるんです。ただ筋肉量が増えて大きくなって、今後のトレーニングで絞っていくなかで、筋肉が残るのでちょうど良いかなと思っています」

 新たな肉体を手にして臨んだ練習再開初日での久々の対人プレー。「一回、(DFを)腕で抑えたところでしっかり止められたし、軸がぶれなかったシーンはありました。パワーアップした部分を試合で活かせるように今後もやっていきたいです」

 向上心の塊と言えるこのアタッカーが、リーグ再開後にどんなプレーを見せてくれるのか。大いに期待したい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)