香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官。(2020年5月22日撮影)。(c)Anthony WALLACE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】香港の林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)行政長官は2日、暴力的な抗議行動への対応において米国が「ダブルスタンダード(二重基準)」を用いていると批判した。

 林鄭氏は記者会見で、抗議活動に対する香港政府と米政府の対応を念頭に「ここ数週間でダブルスタンダードの広がりを最もはっきりと目の当たりにしている」「米国で暴動があり、地元政府がどのように対応しているか注視している。香港で同様の暴動があった時、私たちは米当局がどのような立場を取ったのか見てきている」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米首都に「重武装の」兵士ら多数配備へ、トランプ氏
米ニューヨークに夜間外出禁止令、抗議デモ激化で
香港警察、コロナ理由に天安門事件の追悼集会認めず 過去30年で初