PayPayは6月1日、ビデオ通話を利用したオンライン診療や服薬指導に対して、「PayPay」を使った簡便なオンライン支払い機能の提供を開始した。

医療機関などの加盟店は、ビデオ通話を通じて診察や服薬指導を行った後、画面上で利用者にオンライン診療専用の「PayPay」のQRコードを提示することで、その場で「PayPay」で診察料、処方箋料を受け取ることができる。

利用者は自宅にいながらビデオ通話などを利用して医師の診察や服薬指導を受けられ、外出や病院内などでの感染リスクを避けながら、診察を受けることができる。

パソコンまたはタブレットでビデオ通話をする場合

スマートフォンでビデオ通話をする場合