2020年の「iPhone12」シリーズ4モデルの発売は例年の9月より遅い10月になる、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

4モデルが用意される「iPhone12」シリーズ

「iPhone12」シリーズは、5.4インチと6.1インチのスタンダード、6.1インチと6.7インチのハイエンドの合計4モデルが発売され、全モデルが有機EL(OLED)ディスプレイを搭載すると予測されています。
 
DigiTimesは、これら4モデルの発売は例年より遅い10月になる、と業界関係者から得た情報として報じています。
 
「iPhone12」の発売時期については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、Appleの技術者が中国などのサプライヤーに出向くことができないため、「iPhone12」シリーズの開発・試作プロセスに影響が出ており、発売時期が遅れると報じられていました。
 
「iPhone12」用ディスプレイのサプライヤーとしては、スタンダードの6.1インチモデルをLG DisplayとBOEが担当し、残り3モデルをSamsungが担当するとの情報も伝えられています。

1モデルだけ早めに量産開始する2つの理由

DigiTimesは、スタンダードの6.1インチモデルは7月〜8月に量産開始されるが、このスケジュールは残りの3モデルよりも早い、と報じ、2つの理由を挙げています。
 
1つめの理由は、LGのOLED供給能力に品質と数量の両面で不確定要素があるためです。2019年には、LGがiPhone向けに用意したOLED製造設備に不具合が発見されたとも報じられています。
 
2つめは、Samsungが供給する3モデルのOLEDパネルは、従来のタッチセンサーをOLEDパネルに取り付ける方式ではなく、OLEDパネルに組み込む新方式を採用することで、製造工程が簡略化できるため、とされています。
 
 
Source:DigiTimes via 9to5Mac
Photo:svetapple.sk
(hato)