壁紙として設定すると、スマートフォンがクラッシュする画像が話題になっています。リーク情報で知られるIce universe(@UniverseIce)氏が現地時間5月30日にこの問題をツイート、以降複数のメディアが報じています。
 
ただしこの壁紙によって影響を受けるのはAndroid OSを搭載したスマートフォンだけで、iPhoneには影響しないようです

風景画像を壁紙に設定するとスマホがクラッシュ

Ice universe氏がTwitterに投稿している問題の画像は、よくある風景の画像です。しかしこの画像を一部のAndroidスマホで壁紙として設定すると、画面が点滅を繰り返す、フリーズするなどの問題が発生することが判明しています。
 

画像の色空間に関連か

Androidアプリのデベロッパーで9to5Googleのライターでもあるディラン・ルセル氏は、Android 10を搭載したPixel 3 XLで当該の壁紙を設定するとクラッシュしたものの、Android 11ベータ搭載のPixel 4 XLでは問題が起きなかったことから、画像のカラースペース(色空間)に関連していることを突き止めました。
 
簡単にいうと、Android 10搭載のスマホはsRGB色空間の画像しか壁紙として処理できないのに対し、問題の画像はRGB色空間を使用しているため対応できず、クラッシュしてしまうということです。一方Android 11では、sRGB以外の色空間の場合自動的に転換するため、問題が発生しないとルセル氏は説明しています。

Googleからの正式コメントはなし

現時点ではGoogleはこの問題について正式なコメントや解決方法を発表していません。
 
Ice universe氏の警告にも関わらず、同氏のTwitterのフォロワーの中には実際に壁紙の設定を試みた人々が少なくありません。すべてのAndroidスマホが影響を受けるわけではないようですが、くれぐれも安易に実験しないようにしてください

 
 
Source:9to5Google,Android Authority
Photo:9to5Google
(lunatic)