全国一斉に花火打ち上がる 新型コロナ終息願い

2020/06/01 20:32 ウェザーニュース

今日1日(月)20時頃、全国各地の夜空に一斉に大きな花火が打ち上がりました。日本全国の花火業者の皆さんが企画したプロジェクトで、「全国の人たちに希望と元気を届けたい」という想いが込められています。

全国各地で一斉に

ウェザーニュースに全国から届いた報告によると、全国各地で花火が打ち上げられていたことが分かります。また、花火自体は見えなくても、音だけは聞こえた方も多くいらっしゃるようです。今回の花火は、日本全国の花火業者の皆さんが企画した「Cheer up!花火プロジェクト」によるもの。コロナ渦で今夏は多くの花火大会が中止を余儀なくされる中、「悪疫退散を祈願し、花火を見上げて“笑顔”になってもらう。全国の人たちに希望と元気を届けたい。」という想いから、全国で一斉に花火大会が打ち上げられました。歴史的に見ると、記録に残る最古のものは両国の花火で、はじまりは大飢饉や疫病で多くの死者が出た江戸時代中期でした。慰霊の祈りをこめて、享保18年(1733年)の両国川開きの日に水神祭を実施し、そこで花火を打ち上げたのが由来とされています。

参考資料など

Cheer up!花火プロジェクトHPhttps://www.cheeruphanabi.com/index.html隅田川花火大会HP