チームトレーニングを再開させた札幌。キャプテンの宮澤も喜びを語った。(C)2020 CONSADOLE

写真拡大

 J1の札幌は新型コロナウイルスの影響で休止していたチーム練習を6月1日から再開させた。

 トレーニング後にはキャプテンの宮澤裕樹がオンライン取材に対応。「今日は天気も良かったですし、雰囲気も良かったですし、久しぶりに皆に会えて嬉しかったです」と晴れやかに語った。

 特に印象的だったのが“微笑みの国”タイ出身で、ムードメーカーでもあるチャナティップとの再会だったようだ。

「全員の無事が確認できて良かったですし、チャナの笑顔を久しぶりに見れたのが、僕的には嬉しかったですね」
 
 J1が再開されるのは7月4日。約1か月で個人、そしてチームの調子を上げる必要がある。ミシャことペトロヴィッチ監督からも士気を高める言葉があったという。

「これから連戦に入っていくなかで、チーム全体でしっかり戦っていこうということと、目標とするところは中断になる前と変わらないので上を目指す。自分たちは上を目指して戦っていこうと、(ペトロヴィッチ監督は)話していました」

 再開後の数試合は無観客試合で行なわれる予定だが「与えられた状況で100パーセントで臨めるように準備したい。画面越しにでも熱や自分たちのサッカーを伝えたいです」。サポーターの想いも「背負ってしっかり戦いたい」と意気込む男は、再びピッチに立てる日を待ち望んでいる。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)