Microsoftは米国時間2020年5月29日、同社のコラボレーションツールであるMicrosoft Teamsへ加えた新機能を公式ブログで発表した。Teams会議開催時のURLを開くと、Webブラウザー経由での参加やクライアント経由での参加、クライアントのダウンロードと3つのアクションが示される。本機能は数週間をかけて展開する予定だ。

Teams会議参加時のアクションを整理した(すべての画像は公式ブログより抜粋)

Microsoft Teamsはロビーを用意して、Web会議への参加者を取捨選択できるが、新たに会議主催者へ参加者ペインへ直接アクセスする機能が加わる。本機能は予定表で設定したWeb会議、および"今すぐ会議"で使用可能。また、Web会議の参加者レポートを会議開催中にダウンロードする機能も加わった。

参加者ペインに加わった会議オプション

レポートのダウンロード機能はデスクトップアプリおよびWeb版で利用可能

Microsoft 365テナント管理者向け新機能として、Web会議への出席者(すべてのユーザー/組織内のユーザー/特定のユーザー/自分のみ)の選択肢として、既定値が設定可能になった。Web会議開催設定のオプションを変更しない場合は、"すべてのユーザー"となる。なお、既定値はPowerShellコマンドレットで変更可能。また、Web会議参加時の背景効果に関するポリシーも加わった。チャット中の画面共有に関するポリシーも変更が加わっている。以前は「AllowPrivate」で管理していたが、現在は「ScreenSharingMode」に変更された。ただし、画面共有中に音声会話する機能はAllowPrivateで制御する。

チャット時の画面共有に関するポリシー項目を変更した

この他にもSkypeとの相互運用や逆引き数値参照(RNL)の機能強化が加わり、Microsoft Teams Roomクライアントを更新した。なお、先の公式ブログでは、Microsoft Build 2020で発表した新機能も紹介しているが、本稿では割愛する。興味をお持ちの方は公式ブログを参照してほしい。

阿久津良和(Cactus)