ようやく全体練習が再開し、喜田も「みんなが揃ってサッカーができる喜び」を感じ取ったという。(C)Y.F.M

写真拡大

 新型コロナウイルスの影響により中断していたJリーグの再開日が決まった。J1は7月4日で、J2は6月27日、同日にJ3が開幕する。

 約1か月後のリスタートに向け、J1の横浜F・マリノスは6月1日にチームの全体練習を再開させた。トレーニング後、オンラインでの取材に応じたキャプテンの喜田拓也に、コンディション作りという点で、約1か月間という準備期間について訊いた。この約1か月間は長いのか、それとも短いと感じているのか。喜田は次のように答えてくれた。

「Jリーグや、もしかしたら普段はJリーグに関わらないような方たちも関わって決めてきたことだと思います。そこにはいろんな過程や、シミュレーションチェック項目だとか、自分たちが想像もできないところまで考え抜かれて、出された結論だと思います。

 それに対しては尊重しています。特に長いも短いも感じないというか、その中で最高のコンディション、状態に持っていくことに変わりはありません。あまりそれで一喜一憂している感じではないです」
 
 この準備期間で、いかに“最高の状態”を作り上げられるか。喜田は、これまで通りに一歩一歩、着実に積み上げていくことを強調する。

「日々の練習で、質もコンディション面も、すべてにおいてどれだけ自分たちで高めていけるか。それは、日々の練習でしか培っていけないもので、自分たちがやったことでしか積み上がらないものでもあります。それはみんな分かっていると思いますし、今に始まったことではないので。またチームで良い準備をしていきたい」

 様々な面でイレギュラーが生じている今季だが、万全の準備を整えて、リーグ再開後には、周囲の期待に応えるような力強い『アタッキング・フットボール』を見せてほしい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】「Jリーグ歴代最強チーム」はどれだ!?|2019年横浜Fマリノスの特選フォトはこちら!