オンラインで取材に応じた奥埜。現在のコンディションについて語った。画像はスクリーンショット

写真拡大

 5月25日からグループでの練習を再開していたセレッソ大阪は、さらに6月1日にチーム全体でのトレーニングを開始した。初日は、接触プレーは避けながらも、ミニゲーム形式での戦術の確認などがメインだったという。

 ロティーナ監督は「先週フィジカル的なベースを作れた。ゲームモデルの練習をするための基礎の1週間になった。先週のおかげで今日は良いリズムでトレーニングを終えることができました」と手応えを口にする。

 もっとも約2か月間の自粛によりコンディションが落ちているのは確実。7月4日の再開日までの1か月間でどれだけトップフォームに近づけるかがポイントとなる。
 
 現状のコンディションを奥埜博亮は「60パーセント」、坂元達裕も「60〜70パーセントくらい」と自己分析する。

 さらに奥埜は「決定に対して、しっかりと良い試合をして結果を出すための良い準備をするだけ。再開までに100パーセントまで持っていくのは、なかなか難しいかもしれないですけど、試合をやりながらでも、少しずつ戻していけたらと思います」と意気込む。

 また坂元も「技術の面では元の状態まで戻ってきていますけど、体力面でまだ戻り切れていない。そこは1か月間で改善していかないといけない。1か月というのは短いとは思っていないので、十分できると思います」と自信をのぞかせた。

 今後は練習試合も組んでいく予定。13日から再開までに3チームとの対戦を調整中だという。

構成●サッカーダイジェスト編集部