栗原氏が1位に選ぶ「19年の横浜」の布陣。MVPにはT・マルチンス、MIPには仲川を挙げた。

写真拡大

 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思う3チーム”を選んでもらっている。ここでは、現役時代は横浜一筋を貫き、日本代表でも活躍し、現在は横浜のクラブシップ・キャプテンを務める栗原勇蔵氏の“最強チームトップ3”を紹介しよう。

――◆――◆――

「栗原勇蔵氏が選ぶ“最強チームトップ3”」
1位:2019年の横浜F・マリノス
2位:2006年の浦和レッズ
3位:2002年のジュビロ磐田
 昨季の横浜は斬新なスタイルで結果を出したし、シーズン終盤は攻撃陣の勢いが凄くて、あのスピードに対応できるチームは見当たりませんでした。目に見える数字を出したテル(仲川輝人)も良かったですが、圧倒的な身体能力で守備を支えたチアゴ(・マルチンス)の貢献度も本当に高かった。フロントの力も大きかったと思います。やや不安なポジションに、すぐ良い選手を補強。そういう背景も含め、クラブとして“最強”でした。

 06年の浦和には、叩きのめされました(笑)。メンバーには武闘派が多くて、威圧感が半端じゃない。試合に臨むのが憂鬱になるぐらい。なかでもワシントンは別格。岩のようにゴツくて、幅が広いから、背負われたらボールが見えなくなる。競り合いの中で、こっちが前に出ようとしても巧みに手で押さえられる。俺の中では一番のFW。正直、あの当時は止める術がありませんでした。

 ベンチにも入れなかった自分のプロ1年目、その強さを肌で感じてはいませんが、02年の磐田は完成度が高いし、やはり外せません。MVPはタレント軍団をまとめた主将の服部年宏さん。マツさん(故・松田直樹)も認めるほどの人ですから。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト』2020年6月11・25合併号より転載。

文章:【詳細情報】2020年6月11.25日合併号
https://www.nsks.com/ssd/detail/id=914