MF遠藤渓太が『FIFA 20』大会で優勝

写真拡大

 神奈川県下スポーツチームの現役選手が競技の垣根を越えて参加する「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」の決勝戦が31日に行われた。横浜F・マリノスのMF遠藤渓太が川崎フロンターレのFW旗手怜央と対戦し、3-2で勝利。神奈川県eスポーツの頂点に立った。

 サッカーゲーム『FIFA 20』を使用したチャリティスポーツ大会「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」は30日と31日で開催。神奈川県下のサッカー、バスケットボール、野球を始め、さまざまなスポーツクラブに所属する計15名の選手が参戦した。31日には決勝トーナメントが行われ、準決勝で遠藤がSC相模原のMF水野晃樹に、旗手がBリーグ横浜ビー・コルセアーズ田渡凌に勝利。それぞれ決勝進出を決めていた。

 “神奈川ダービー”となった決勝戦で、両者はもちろん所属クラブを選択。すると昨季王者の横浜FMが前半16分に先制する。左サイドの遠藤からFWエリキにパスが渡り、PA中央への折り返しをFWマルコス・ジュニオールが叩き込んだ。さらに同25分にはエリキの豪快シュートで2-0とリードを広げるが、その後川崎Fも反撃に出る。

 旗手の川崎Fは前半30分にMF田中碧が1点を返すと、後半7分にも再び田中がゴールを挙げ、2-2と試合を振り出しに戻す。だが遠藤の横浜FMも反撃。後半12分、マルコスがPA手前から華麗なドリブル突破を見せると、そのままPA中央からシュートを放ち、勝ち越し弾を挙げた。

 追いかける旗手の川崎Fだが、後半17分にMF大島僚太が2回目の警告で退場に。同25分には相手のファウルでPKを獲得するも、旗手はうまく操作することができず。キッカーFW小林悠のシュートは大きくゴール上にはずれ、絶好のチャンスを逃してしまった。

 試合はそのまま終了し、横浜FMが3-2で勝利。神奈川県の頂点に立った。遠藤は試合後のインタビューで「頼れるマルコスがやってくれた」と今大会大活躍のエースを称賛。「田中碧が気がかりでした」と敵を褒めつつ、「(FIFA 20を)持っているので練習はしていました」と手応えを語った。「色んな競技の方々とできたので新鮮だった。サッカーやっていない人もサッカーゲームうまいんだなってびっくりしました」と大会を振り返り、「いい形で終われたのでよかったです」と喜びを伝えた。

 一方、惜しくも敗れた旗手は「あのPKがなければもしかしたら勝てていたかもしれない」と千載一遇のチャンスを悔いる。「僕、あのPKはボタンを押していないんですよ…」と肩を落とした。「日頃関わらないスポーツの選手とゲームをやれて楽しかった」と語りつつも、「優勝はしたかったです」と勝負にこだわる姿勢を見せていた。