「自然と寄り添う、ユニヴァーサルな寛ぎの服:METHOD #10 JIL SANDER+」の写真・リンク付きの記事はこちら

ファッションジャーナリストとして活躍していたジル・サンダーが、1968年にドイツのハンブルグにオープンした同名のブティックを起源とするジル サンダー。

そのミニマルで洗練されたデザインで、1990年代以降のファッション界を牽引してきた。たび重なるデザイナーの交代を経て2017年にクリエイティヴディレクターに就任したルーシー&ルーク メイヤー夫妻によって、ブランドのアイデンティティを取り戻し、同時にアートやストリートカルチャーなどのエッセンスを取り入れた華麗なモダナイズを果たしている。

19年秋冬から満を持してスタートしたジル サンダー+は、着心地のよさと実用性を追求しながら、メインコレクションを補う目的で誕生した。

山、海、カントリーサイドなどでの「都会から抜け出した暮らし」というそのコンセプトは、スイスとカナダに生まれ、ともにスキーやスノーボード、ハイキングなどを楽しみ、自然のなかで過ごしてきたメイヤー夫妻のライフスタイルと強く結びついたものだ。

タイムレスなデザインとサステナブルな素材、そして実用性を兼ね備えたアイテムは、ほぼすべてがユニセックス。また「+」には専門分野に特化したパートナーシップという意味もあり、夫妻の専門的かつ継続的な研究とノウハウを高く評価する企業とのコラボレーションにより誕生した製品も少なくない。

ラグジュアリーな感性と寛ぎをもたらす素材やシルエット、そして誠実さと確かな信頼性を兼ね備えたデザイン哲学が融合したコレクションには、ナチュラルで心地よいムードが静かに漂う。

シリーズ:WIRED METHOD(1)ワンピースジャケットという革新:BALENCIAGA(2)衛星目線で母なる地球を意識する:STELLA McCARTNEY MENSWEAR(3)ブリュードプロテインが切り拓く衣服の未来:SACAI × SPIBER(4)頭脳労働者のパフォーマンスと利便性向上に:TEÄTORA(5)「丸い四角」といういイノヴェイティヴな矛盾:HERMÈS(6)伝統工芸と融合する、ごみの“付加価値”:BETA POST(7)職人的技巧とスニーカーの履き心地:THE ONITSUKA(8)IoTがもたらす贅沢でアクティヴな日常:SAINT LAURENT × GOOGLE(9)すべては長く、自分らしく楽しむために:THE NORTH FACE(10)自然と寄り添う、ユニヴァーサルな寛ぎの服:JIL SANDER+

※シリーズ「WIRED METHOD」のバックナンバーはこちら。