部屋の中でコロナの拡散はどうなっている

写真拡大

 4月上旬以来続いていた緊急事態宣言が、5月25日、全国で解除された。プロ野球の開幕が6月19日に決まり、東京では飲食店の営業時間がひとまず22時まで延びた。

【図解】エアコンでの感染はこうやって起きた!中国・広州のレストランでの空気の流れと集団感染経路を米CDCが解析した図

 外出自粛の1か月半の間ですっかり季節も変わった。自粛前はまだ肌寒かったが、近頃はマスクも汗ばむ夏日が続く。そろそろエアコンのスイッチを入れる季節に入ったところで、非常に気になる調査報告書がアメリカ疾病対策センター(CDC)のウェブ上にアップされた。

《中国・広州市のレストランにおける、新型コロナ発生とエアコンの関係》

 調査は、中国・武漢市の封鎖直後の1月24日、南に約1000km離れた広州市のレストランで発生した集団感染の感染経路を解明したものだ。

 5階建てレストランの3階フロア。広さ145平方メートルのホールに15のテーブルが並び、83人の客が春節のごちそうを囲んでいた。そこに、武漢から遊びに来ていた女性Xさん(63才)がいた。彼女が感染源となり、同じフロアの9人が二次感染した(画像参照)。

 報告書が注目したのは、感染した客の座席だ。9人のうち4人はXさんの親族で、同じテーブル(A)についた。残り5人は、テーブルAを挟む形で並ぶ2つのテーブル(B、C)に座っていた。

 3つのテーブルに共通するのは、「エアコンの風が通る場所」に位置していたことだ。フロアに換気扇はあったが窓はなく、各テーブルの間隔は1mほど。フロアで配膳した従業員9人や、エアコンの風の流れの上になかったほかの12のテーブルに座った客は感染しなかった。

 そうした事実から調査報告書は、Xさんが食事中に発した飛沫がエアコンの気流に乗ってBとCのテーブルに届き、感染を招いたと結論づけた。XさんとB、Cテーブルの感染者が隣り合ったたった1時間ほどの間に、感染が広がったとみられる。

 それまで新型コロナ対策では、他人の咳やくしゃみなどによる飛沫感染に注意し、2mほどの社会的距離を取ることが推奨されてきた。というのも、呼吸飛沫は口から出てもすぐに落下するので、1m未満の短い距離しか移動しないとされるからだ。

 米ボストン在住の内科医・大西睦子さんが説明する。

「この調査ではウイルス感染の原因が気流の方向であると結論づけられました。実際、Xさんから4.5mも離れていた客が感染していることから、エアコンからの強い空気の流れにウイルスが運ばれたことが指摘されています」

「KISHI CLINICA FEMINA」院長の岸郁子さんは「換気の悪さ」に注目する。

「そのレストランのフロアに窓がなく、換気扇が1つしかなかったことが事実であるならば、その状況が感染拡大を招いた原因の1つである可能性は考えられます。換気可能な複数の窓や換気扇があり、空気の入れ換えをより積極的に行うことができたのであれば、感染被害をより抑えられていたのではないでしょうか」

 誤解されがちだが、エアコンを運転しても換気はされない。エアコンは部屋の空気を吸い込み、温かくしたり冷たくしたりして部屋の空気を循環させる仕組みで、ほとんどのエアコンは換気できない。それどころか、エアコンがウイルスを「拡散」するのだ。

 注意すべきはエアコンだけでない。クリスタル医科歯科クリニック内科院長の中島由美さんが指摘する。

扇風機もエアコン同様、空気の流れを起こしてウイルスを拡散する恐れがあります」

◆イラスト/黒木督之

※女性セブン2020年6月11日号