オンライン上で会見を行う村井チェアマン。写真は会見中のスクリーンショット。

写真拡大

 Jリーグは5月29日、臨時実行委員会を開催し、終了後にウェブ上でブリーフィングを行なった。そのなかでJ1の7月4日再開、J2、J3は先行して6月27日に開催すると発表した。

 村井満チェアマンは、安全面の考慮や、選手への配慮から、全選手やスタッフへのPCR検査の実施を発表。さらにJリーグ内に検査についての組織を設立する意向を示した。

「国民の皆様に迷惑をかけないよう、選手全員のPCR検査導入も目途がついた。Jリーグの中に検査センターを新たに設立して、2週間に1回、レフェリーや全選手が検査できる体制を整える。PCR検査はリーグで一括して運営していく」と語った。

 また、「我々が検査を実施することで、医療機関の邪魔になってはならない。今回は唾液の採取による検査。専門家の意見も頂き、クラブハウスで行なえるということで、民間の医療機関へ負担をかけることもない」と説明し、検査費用についてはJリーグで負担する意向だという。さらにその検査が「場合によっては地域に還元することも考えている」と語る。
 
 一部クラブからは練習再開前の検査が実施できないかという問い合わせもあったようだが、「第1回の検査を6月20日に行なえればと思っている」と6月27日のJ2、J3開催へ備えている。

 新型コロナウイルスでは、第2波、第3波の可能性も懸念されている。また近年では台風など自然災害でこれからの時期、延期となる試合が出てくるという想定もあるものの、Jリーグによると現状としては今季の全節を消化可能との見込みだ。

 再開後の数節は無観客での開催となるが、「7月10日過ぎからは、大きな問題がなければ段階的にお客様をお迎えする準備を整えていきたい」と万全の体制のもと、ファン・サポーターもスタジアムに帰ってくる日を目指している。

 今後は6月9日の次回実行委員会で詳細なプロトコルを決定。6月15日を目処に対戦カードを発表していくという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部