台湾の「姦通罪」は「性の自主権を制限」と違憲判断 即日廃止に

ざっくり言うと

  • 台湾の、配偶者以外の人と性的関係を結ぶことを刑罰の対象とした「姦通罪」
  • 「性の自主権を制限している」などとして、違憲とする憲法解釈が示された
  • これにより長年続いてきた同罪は失効し、29日に即日廃止となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x