新型コロナウイルスの感染拡大を防止する新生活様式として、自転車通勤が国ぐるみで推奨されています。多くの業種で業績が低迷するなか、強気の見通しを示す自転車店もあります。

政府も自転車通勤を後押し

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、需要の伸びが予想されるもののひとつが、自転車です。政府が打ち出した、いわゆる「新しい生活様式」のひとつとして、公共交通機関と自転車の併用が推奨されているなど、「密」を回避する移動手段として注目が集まっているようです。

 一方で自転車については、新生活が始まる書き入れ時であるはずの春に、品薄の報道も多く見られました。中国などからの供給が途絶える、あるいは滞ってしまったためといわれますが、実際にはどうなのでしょうか。全国で自転車店「サイクルベースあさひ」を展開するあさひ(大阪市都島区)に聞きました。


新型コロナを機に、自転車通勤が増える可能性がある。写真はイメージ(画像:Jane Rix/123RF)。

――新型コロナウイルスの影響が顕在化して以降、自転車の売上は伸びているのでしょうか?

 実際に新型コロナウイルスの影響がどれほど販売実績に影響しているかは数字上では判断はできませんが、3月度(2月21日から3月20日)の売上高は、もともと通勤や通学などの新生活に向けた自転車需要が高まる時期でもあり、前年比18.5%増だったものの、4月度(3月21日から4月20日)は前年比16%減でした。緊急事態宣言が全国に拡大され、外出自粛によりお客様がご来店いただけなかったためと思われます。

――品薄も聞かれますが、どうでしょうか?

 5月以降、全体的な自転車の供給量は順調で、品薄な状況にはありません。おもな生産国である中国国内の各工場の稼働状態も元に戻りつつあります。ただ、キッズ用の自転車、一輪車、キックバイクなどに関しては、売れ行きは好調ではあるものの、全国的に品薄な状況が続いています。

 というのも、小学校や幼稚園が臨時休校あるいは休園となり、お子様の運動不足やストレス解消のために購入される方が多いと思われるのですが、例年であれば、こうしたキッズ車は春の時期に売れる商材ではなかったこともあり、各メーカー含めて在庫量と生産量が少なくなっているためです。

どんな自転車が売れている?

――どのような自転車が売れているのでしょうか?

 電動アシスト自転車や、一般に「e-バイク」と呼ばれる電動アシスト付きスポーツ車などの売れ行きが好調です。また、政府やWHO(世界保健機関)などからも、身体の免疫力を向上させるため適度な運動としてサイクリングも推奨されていることもあり、クロスバイクやロードバイクといったスポーツタイプの自転車も売れています。

 スポーツタイプの自転車については、普段の通勤も兼ねての購入ではないかと予測されます。実際、交通手段を自転車に変更するためにご来店いただいているお客様もいらっしゃると店舗スタッフからは聞いております。

――政府から国民ひとりあたり10万円の特別給付金も支給されていますが、これを元手にした需要も増えるのでしょうか?

 10万円の給付金を自転車購入に充てる方も少なからずいらっしゃるとは思います。このたびの緊急事態が発令されたタイミングと、新生活が始まるタイミングは、ほぼ同時期でした。もともと通学や通勤、通園などで自転車の購入を検討されていたものの、思いとどまった方も多くいらっしゃると思いますので、緊急事態解除後の新生活に向けて、改めて購入を検討されるお客様も多いと考えております。

※ ※ ※

 あさひが2020年4月に発表した、2021年2月決算までの業績予想は、前期比で営業利益8.8%増、純利にして12.4%増というものでした。新型コロナの影響により多くの業界が今後を見通せないなかで、業績の大幅な成長を予想しています。

 また、自転車の需要に関する動向について、 5月18日付けの「ニューヨークタイムズ」は、アメリカにおける3月の自転車の売上が、通勤向けおよびフィットネスバイクで前年比66%、レジャー向け自転車で121%、電動自転車で85%、それぞれ増加し、品薄の状態にあると報じています。クルマの交通量が減ったニューヨークでは、一部の車道を自転車道として開放する取り組みも行われたそうです。