Twitterのブラウザ版に、ツイートを下書き保存したり、ツイートした時間を設定して自動投稿したりできる新機能が追加されました。

Twitterは2020年5月29日のツイートで、「ブラウザ版で、ツイートを下書きとして保存したり、特定の時間に送信するようにスケジュールを設定したりすることができるようになりました」と発表しました。



実際に試してみます。ブラウザ版でTwitterを開いてツイートを途中まで書いてから、「×」ボタンをクリックします。



ツイートを保存するか尋ねられるので、「保存」をクリックします。これで下書き保存が完了です。



下書きしたツイートを見るには、「未送信ツイート」をクリックします。



すると、下書きしたツイートの一覧が表示されます。



ツイートの予約も可能です。予約するには、ツイート入力欄の下部にあるカレンダーのようなアイコンをクリックして……



ツイートしたい日時を設定してから「確認する」をクリックします。



これで設定が完了しました。



記事作成時点ではアプリからこの機能を使用することはできませんが、「iPhoneのSafariとPCのChrome」のようにブラウザ同士なら下書きしたツイートを共有できるので、「途中までPCで書いてからスマートフォンで投稿」といった使い方が可能です。