マンモス約60頭分の骨を発見 湖があったメキシコの空港建設地で

ざっくり言うと

  • 中米メキシコの首都近郊で、マンモスの骨が約60頭分発見されたと分かった
  • 骨が発見されたのは都市スンパンゴで、国際空港の建設が進められている
  • かつて湖があった地域で、マンモスは湖にはまって死んだ可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x