横浜FMにロケレン天野&小池がW加入決定!! Youtubeライブで異例の電撃発表

写真拡大

 横浜F・マリノスは28日、ロケレン所属のMF天野純とDF小池龍太が加入すると発表した。2人は4月23日のオンライントレーニングからチームに合流していたが、この日のYouTubeライブで異例の電撃発表。多額の負債を抱えていたロケレンは今季、倒産に伴ってチームが解散していた。

 天野は2019年夏に横浜FMからロケレンに期限付き移籍し、1年越しでの復帰。背番号は移籍前の10番ではなく、39番に決まった。天野はYoutubeライブで「そんなにマリノスの10番は軽くない」とし、プレーする場を失った自身を受け入れてくれたクラブへの「サンキュー」の気持ちを込めたと明かした。

 天野はクラブの公式サイトを通じて「ヨーロッパで絶対に成功してやると強い気持ちを持った中で、このような形で復帰する事になってしまい、正直に言うととても悔しい気持ちがあります。しかし、F・マリノスに復帰する事が決まり、気持ちが切り替わり、今は大好きなF・マリノスでサッカーをできる喜びを感じています。この難しいタイミングで受け入れてくれた、F・マリノスには感謝の気持ちでいっぱいです。もちろん、昨年の優勝チームに戻るという意味は理解しています。まずは、チームメイト、コーチングスタッフ、ファン・サポーターの方々に認めてもらえるように、一から頑張っていきたいと思います。まだ自分は優勝の味を知らないので、今年も優勝しましょう!」と意気込みを述べた。

 小池は19年夏に柏レイソルからロケレンに完全移籍。志半ばでの国内復帰となった。Youtubeライブでは加入の経緯について「ロケレンが倒産した後に凄い熱量で説得していただいたので、すぐにしたいと伝えた」と説明。背番号は長男の誕生日「12月25日」から取った25番に決まった。

 小池はクラブの公式サイトを通じて「まず初めに、今回この様な大変な時期に僕を獲得して下さったクラブに心から感謝申し上げます」とした上で「我慢の日々が続く中、F・マリノスサポーターの皆様にこのリリースが少しでも励ましになればと思っています。また、伝統あるビッグクラブの一員になれた事を誇りに思います。これからは『すべてはマリノスのために』。僕の心をトリコロールに染めどんな時も熱く闘い、多くの勝利に貢献したいと思います。サポーターの皆様にスタジアム・練習場でお会い出来ることを楽しみしています!その日まで全員で乗り越えましょう!! 応援宜しくお願いします」と伝えている。