30億円以上とも言われる高年俸のイニエスタ。ピッチ上では常に、その額に違わぬ格の違いを見せている。写真:徳原隆元

写真拡大

 Jリーグは5月27日、2019年度のクラブ経営情報開示資料を先行発表。全55クラブのうち、新型コロナウイルスの影響で決算の確定が延期となった6クラブ(水戸、栃木、東京V、横浜FC、山口、相模原)と3月決算の4クラブ(湘南、磐田、柏、YS横浜)を除いた45クラブの経営情報を開示した。ここでは、発表された各クラブの経営情報を元に、2019年度にJ1に所属したクラブのチーム人件費をランキング化した。

 チーム人件費は、神戸が69億2300万円と2位の名古屋に約20億円近い圧巻の大差をつけてトップに。18年度は夏季以降の契約だったアンドレス・イニエスタの通年にわたる年俸やダビド・ビジャ、トーマス・フェルマーレンなどの加入もあり、24億4600万円の増加となった。17年度は31億400万円で、2年で2倍以上の伸び率となっている。

 一方で名古屋も11億5000万円増の39億円7300万円と、昨年度の神戸にも迫る勢いを見せているが、リーグ戦では13位、ルヴァンカップでも8強止まりと結果を残せず、コストパフォーマンスの悪さが際立つ結果となっている。また、3位の浦和(32億2800万円)もACLこそ決勝進出を果たしたが、リーグ戦では14位と人件費に比して不本意な成績となってしまった。逆に、8億6000万円とJ1最少額の大分は、昨季一桁台の9位と健闘を見せている。

 J1クラブ全体では、前年比で13クラブのチーム人件費が増加し、3クラブが減少。リーグ全体では、26クラブが増加し、18クラブが減少している。
 
■チーム人件費ランキング ※( )内は前年比
1位 神戸 69億2300万円(+24億4600万円)
2位 名古屋 39億7300万円(+11億5000万円)
3位 浦和 32億2800万円(+1億2000万円)
4位 川崎 29億5800万円(+3億4400万円)
5位 鹿島 29億3600万円(−2億2100万円)
6位 FC東京27億3600万円(+6億300万円)
7位 横浜 26億8400万円(+3億8300万円)
8位 鳥栖 25億2800万円(−1億4200万円)
9位 G大阪24億3400万円(2億4100万円)
10位 C大阪24億600万円(+7200万円)
11位 広島 19億3100万円(+6700万円)
12位 清水 17億2900万円(−8200万円)
13位 札幌 16億9800万円(+1億9600万円)
14位 松本 14億3000万円(+2億8500万円)
15位 仙台 12億9600万円(+6400万円)
16位 大分 8億6000万円(+3億7800万円)

※3月決算クラブ(2018年度)
湘南 13億8400万円
磐田 17億2100万円

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】Jクラブ入りも!? この夏に「移籍金ゼロ円」で獲得できる“ボスマン選手”30人を一挙紹介!