【J1スポンサー収入ランキング】イニエスタ効果の神戸が断トツ1位!前年4位から15位に急降下したクラブは…

写真拡大

 Jリーグは5月27日、2019年度のクラブ経営情報開示資料を先行発表。全55クラブのうち、新型コロナウイルスの影響で決算の確定が延期となった6クラブ(水戸、栃木、東京V、横浜FC、山口、相模原)と3月決算の4クラブ(湘南、磐田、柏、YS横浜)を除いた45クラブの経営情報を開示した。7月には全55クラブの経営情報が開示され、Jリーグ全体の収入規模や具体的な数値データの発表が行なわれる予定だ。

 ここでは、発表された各クラブの経営情報を元に、2019年度にJ1に所属したクラブのスポンサー収入をランキング化してみた。

 トップ3は昨年度と変わらず、神戸、名古屋、浦和の3クラブ。楽天がバックアップする神戸は前年比約11億円増の74億500万円、トヨタがバックアップする名古屋は約7億円増で初めて40億円を突破している。2017年のルーカス・ポドルスキの加入から、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャと毎シーズン、世界的なスターを獲得して注目を集めた神戸は、17年度から比べても2倍以上となる約40億円の増加となっている。

 多くのクラブがプラスとなっているなかで、昨年度から大幅な減収となったのが15位の鳥栖で、実に14億8600万円のマイナスとなり、前年の4位から大きく後退した。鳥栖は、2015年7月から3年半にわたって支援を受けてきたサイゲームスとのスポンサー契約が19年1月で終了。これが営業収益の大幅なマイナスにも直結している。

 J1全体(対象16チーム)では、前年比32億5800万円増となっており、上記の神戸、名古屋のほか、浦和やFC東京、川崎などが増収に大きく貢献している格好だ。

 J1クラブのスポンサー収入ランキングは、以下の通り。
 
■スポンサー収入 ※( )内は前年比
1位 神戸 74億500万円(+11億9700万円)
2位 名古屋 40億7700万円(+7億3200万円)
3位 浦和 38億4100万円(+6億1500万円)
4位 FC東京 24億1900万円(+4億3100万円)
5位 鹿島 23億300万円(+1億4700万円)
6位 横浜 22億6300万円(+2億3000万円)
7位 川崎 21億4300万円(+6億6500万円)
8位 清水 19億3700万円(+1億8000万円)
9位 G大阪18億6300万円(+1800万円)
10位 C大阪17億700万円(−7900万円)
11位 広島 15億8200万円(+5200万円)
12位 札幌 14億4000万円(+1億3400万円)
13位 仙台 11億6500万円(+2800万円)
14位 松本 11億4500万円(+1億5400万円)
15位 鳥栖 8億1000万円(−14億8600万円)
16位 大分 7億2600万円(+2億4000万円)

※3月決算クラブ(2018年度)
湘南 12億2400万円
磐田 18億6900万円

構成●サッカーダイジェストWeb編集部