2年連続で営業収益トップの座に就いた神戸。写真:徳原隆元

写真拡大

 Jリーグは5月27日、2019年度のクラブ経営情報開示資料を先行発表。全55クラブのうち、新型コロナウイルスの影響で決算の確定が延期となった6クラブ(水戸、栃木、東京V、横浜FC、山口、相模原)と3月決算の4クラブ(湘南、磐田、柏、YS横浜)を除いた45クラブの経営情報を開示した。7月には全55クラブの経営情報が開示され、Jリーグ全体の収入規模や具体的な数値データの発表が行なわれる予定だ。

 ここでは、発表された各クラブの経営情報を元に、2019年度にJ1に所属したクラブの営業収益をランキング化。クラブの事業規模を表わす営業収益(売上高)はどのような状況となっているのか。

 ひと際目を引くのが2018年度に続きトップとなった神戸の114億4000万円という金額だろう。Jリーグ史上初の100億円を突破。18年度で、すでに2位の浦和に20億円以上の差をつけていた神戸だが、19年度は約17億円アップとなり、その差は約32億円にまで広がっている。

 神戸は17年度にルーカス・ポドルスキ、18年度にアンドレス・イニエスタを加えたうえ、19年度にはダビド・ビジャを獲得し、山口蛍や酒井高徳といった代表クラスの選手も補強し、魅力的な陣容を形成。スポンサー収入、入場料収入は大幅に増え、クラブ初タイトルとなる天皇杯優勝も飾った。一方で鳥栖は約17億円ダウンと大きく減収。20億1000万円の赤字(当期純損失)となった。また、鹿島も前年比約5億6000万円減で、営業収益は67億6800万円となっている。

 Jリーグ全体では、28クラブが増収となり、現段階で45クラブ合計の営業収益は1154億円で前年比72億円増。Jリーグは「J1クラブがリーグ全体の成長を強く牽引している」との見解を示している。

 J1クラブ営業収益のランキングは以下の通り。
■営業収益ランキング ※( )内は前年比
1位 神戸 114億4000万円(+17億7400万円)
2位 浦和 82億1800万円(+6億6900万円)
3位 川崎 69億6900万円(+8億9500万円)
4位 名古屋 69億1200万円(+14億2100万円)
5位 鹿島 67億6800万円(−5億6200万円)
6位 横浜 58億8400万円(+7億4600万円)
7位 FC東京 56億3500万円(+7億9100万円)
8位 G大阪 55億1300万円(3億5400万円)
9位 清水 42億9100万円(+3億800万円)
10位 C大阪 37億8600万円(−8500万円)
11位 広島 37億3700万円(+3億7000万円)
12位 札幌 35億9900万円(+6億1100万円)
13位 仙台 27億1100万円(+2700万円)
14位 松本 27億1100万円(+4億7200万円)
15位 鳥栖 25億6100万円(−16億9600万円)
16位 大分 18億6600万円(+7億3800万円)

※3月決算クラブ(2018年度)
湘南 29億7800万円
磐田 37億4500万円

構成●サッカーダイジェストWeb編集部