感染症の大流行は、今後も起こりうる!ウイルス撃退には免疫力にまさる薬はない!!

 世界で猛威を振るい、パニックに陥れた新型コロナウイルス感染症(COVID−19)。すでに終息した感のある国も存在するが、感染症は時間をおいて再流行する恐れがある。

 大正時代に日本でも蔓延したスペイン風邪は第2波、第3波でも大量の死亡者を出し、終息までに3年近くを要した。こうした点からも、再び大流行した時に備えて、あるいは別の新型感染症が出現した時のために、今のうちから対策をしておきたい。

 有効な特効薬がない感染症を予防するために最も有効な対策は、何といっても「自己免疫の強化」である。品川イーストワンメディカルクリニック理事長で、栄養学の権威である板倉弘重先生も、「予防のためにも免疫力を高める努力が必要」と説く。

「新型コロナウイルスは、しばらくして再び蔓延する可能性があります。感染症は、呼吸気道や口腔を経た消化管から感染することが多いので、これらの臓器の免疫力を高めるのが大事です。そのためにも、タバコを吸わないこと、空気汚染をできるだけ抑えること、腸内細菌叢を健全に育成することを心がけましょう」(板倉先生)

 部屋の中での喫煙は本人だけでなく、家族の免疫力まで低下させる恐れがある。喫煙者に多い慢性閉塞性呼吸器疾患は、新型コロナウイルスに弱いので、吸わないに越したことはない。

★手洗いは引き続き行う

 新型コロナウイルス対策として手洗い、うがいがしつこいほど推奨されたが、ひとまず終息したからといって、やめてしまうのはよろしくない。特に手洗いは感染症予防の基礎中の基礎なので、引き続き習慣づけておくべきだ。中には、あまり効果が得られない“手抜き”の手洗いをしている人もいるので、上図の「正しい手の洗い方」を実践していこう。

「手を洗う時は、泡状よりも液状の石鹸を使ったほうがよいとされています。新型コロナウイルスは便からも検出されたので、特にトイレ使用後や調理、食事前の手洗いが大切です」(板倉先生)

★発酵食品を積極的に摂る

 新型の感染症が流行すると、高齢者ほど重症化しやすい。加齢による免疫力の低下は避けられないので、加齢とともに増加する慢性疾患の予防が大切である。糖尿病や肥満症、サルコペニア、慢性腎疾患などの合併症は、免疫力を低下させるので、特に気をつけないといけない。

「食事の不摂生などで合併してくる脂肪肝も免疫力の低下を引き起こすので、今のうちから食生活や生活習慣の見直しをしておくべきです。私自身は免疫力を低下させないために、適度な運動と栄養バランスのとれた食事を心がけ、みそ汁やチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品も摂っています」(板倉先生)

 免疫細胞を活性化させたり、ウイルスを排除する抗体を産生するには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが欠かせない。肉や魚、大豆製品などから摂れるたんぱく質は、食事の前に摂ると内臓脂肪も落ちやすくなる。また、よい腸内細菌を育成する食物繊維を、野菜や果物、海藻、きのこなどから毎日3食の食事で摂るようにしよう。

 飲み物は、ミネラルウオーターや緑茶などがお勧め。緑茶には抗ウイルス・抗菌作用があるカテキンが含まれているので、基礎疾患の改善にも役立つ。一方で、清涼飲料水は意外と糖分が多いので、飲まないに越したことはない。
「外出自粛で酒の量が増えたという声もよく聞きます。しかし、糖尿病やメタボなどの合併症があると、免疫力が低下していきます。食事療法を実践し、合併症を少しでも改善して、免疫力の向上に努めましょう。持病が合併して、慢性炎症がある人は免疫力が低下しているので、青背魚やエゴマ油、亜麻仁油などに含まれるオメガ3系多価不飽和脂肪酸(α−リノレン酸、EPA、DHAなど)を摂取してください」(板倉先生)