BTS(防弾少年団)、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」米ビルボード200で50位を記録…13週連続ランクイン

写真拡大

防弾少年団がビルボードのメインアルバムチャートで13週連続上位にランクインし、世界的な人気を誇った。

27日(現地時間)、アメリカの音楽専門メディアであるビルボードが発表した最新チャート(5月30日付)によると、防弾少年団が2月21日に発売した4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は、「ビルボード200」で50位にランクインした。3月7日のリリース直後に初登場1位を獲得してからこれまで、上位にランクインしている。

「MAP OF THE SOUL:7」は「ワールドアルバム」チャートでもトップとなり、その他にも「テイストメーカーアルバム」で3位、「インディペンデントアルバム」で5位、「トップアルバムセールス」で8位、「トップカレントアルバムセールス」で8位、「ビルボードカナディアンアルバム」で59位を獲得した。

また、アルバム収録曲「Filter」と「Inner Child」は「ワールドデジタルソングセールス」チャートで7位と17位をそれぞれ記録した。

2018年8月に発表した「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」も「ビルボード200」で174位にランクインしている。

その他にも防弾少年団は「ソーシャル50」チャートで150週連続、180回目の1位を獲得し、最長&最多新記録を更新して、凄まじい人気を証明した。