「「21世紀の課題」を解決するために:元FiNCの溝口勇児が、ウェルビーイング領域でファンドを立ち上げた理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

──自ら起業したFiNC Technologiesを19年末に離れたことも驚きでしたが、ファンドを設立すると聞いて驚きました。これまで「誰もが健康になれる社会」を自らの手で実現するために事業会社を通じて活動してきたわけですが、なぜいま「ファンド」の設立を選んだのでしょうか?

FiNC Technologiesの最高経営責任者(CEO)を退任することが決まったころ、次に挑戦するならCEOとしての経験を生かせる何かに挑戦したいと思っていました。そんなとき、本田圭佑さんから「これで何か一緒に挑戦できるね」と言われて。さらに、奇跡的にぼくと同じタイミングでネスレ日本の社⻑を退任されることが決まっていた⾼岡浩三さんとも、何か一緒にやりたいという話をしていたので、3人でファンドを立ち上げる流れになりました。

また、これは個人的な話ですが、ぼくは自分自身が注目されるよりも、自分がサポートしている人たちが飛躍したり、世界を変えていったりする姿を見ているほうが、感情が満たされる気がしていたんです。FiNCを創業する前、まだ17歳のときに始めたトレーナーという仕事も、自らが表に出ることの少ない縁の下の力もちのような職業でした。そういう昔からのサポーターとしての気質と、リーダーとして企業を引っ張ってきた経験の両輪をうまく回せたらと思っています。

「ともに闘う」ファンド

──新たに立ち上げた「WEIN挑戦者FUND」は、「21世紀の課題を解決する」ファンドであることを謳っています。溝口さんたちが考える21世紀の課題とは、具体的にどのようなものでしょうか。

「20世紀の課題」が戦争や貧困や病気だったとしたら、21世紀の課題とは孤独や退屈、不安だとぼくは考えています。

孤独によるストレスは免疫機能を低下させ、疾病リスクを上げます。例えば、長年連れ添ったパートナーを失った人が、そのあとを追うように亡くなるといった話がありますよね。科学的に見ても、孤独は人体に大きな悪影響を与えるんです。

孤独は、ぼくがずっと取り組んできた課題でもあります。FiNC Technologiesの社名は、「フィットネス」や「ぴったり合う」といった意味をもつ「Fit(フィット)」と、「つなぐ」や「連鎖」を意味する「Link(リンク)」を合わせた造語でした。ここには「つながりそのものをつくる」「つながりながら何かを実現する」という意味も込められています。

今回の「WEIN」という名前の由来も、「Well-being(ウェルビーイング)」と「Link(つながる)」を組み合わせた造語です。なので、つながりをつくるという部分は一貫しているんですよね。

──なるほど。そうした21世紀ならではの課題を、どのように解決していこうと考えているのでしょうか。

ぼくらは「きみを支える、わたしも闘う」をキャッチコピーにしていて、パートナーとともに成長させていく事業と、自分たちが立ち上げる事業の両方を展開することを考えています。ファンドといっても、いわゆるヴェンチャーキャピタルのように投資だけをするのではなく、ぼくたちが自らの背中を見せていく姿勢を大切にしようと思っているんです。

──投資と事業の両輪というわけですね。パートナーとして参加されている本田圭佑さんと高岡浩三さんとは、どのような役割分担を考えていますか。

明確な役割分担は難しいと思っています。投資の検討も事業の立ち上げも、3人で議論しながら進めるつもりです。

高岡さんは、ただの広告ではなく、話題や仕組みをつくるマーケティングでさまざまなインパクトを残してこられた方です。彼は初めてお会いしたときからずっと“親父”のように信頼できる存在で、ときに厳しい言葉もかけてくださいました。一方の本田圭佑さんは職業を「挑戦者」としているほど挑戦を続けてきた方で、出会う前から影響を受けてきました。

それぞれ違う分野で成功や失敗を積み重ねてこられたトップクラスのおふたりなので、そうした経験を生かして多角的な戦略がつくれるんじゃないかと思っています。それに尊敬する人が近くにいると、自分の視点が狭くなりづらいということを今回強く実感しています。

──それぞれの強みと異なる視点を生かしていくということですね。そうした3人の視野に共通して入っていることや、具体的な事業、出資先などはありますか。

国際医療ヴォランティアのNPO法人「ジャパンハート」です。ジャパンハートは2011年の東日本大震災のとき、医療従事者やヴォランティアを迅速に派遣するなど、真っ先に行動を起こしていました。また、今年4月に医療用マスクを調達する資金を募るクラウドファンディングを実施したときには、多大な協力をしていただきました。

その結果、たった1日で1.5億円もの資金を集めることができたんです。この団体が大きくなれば、次の有事のときに初動からさらに大きなアクションを起こせる可能性があるという点で、3人の思いは共通しています。

関連記事:医療崩壊を防ぐために #マスクを医療従事者に :元FiNCの溝口勇児が挑む「たった1日のクラウドファンディング」

「応援」も大きな力になる

──新型コロナウイルスのパンデミックを経て、わたしたちの世界は大きく変わりました。「ウィズ・コロナ」「アフター・コロナ」の時代へと突入したいま、WEIN挑戦者FUNDを通じて何ができると考えていますか?

時間と場所を選ばず対話や議論ができるいまだからこそできるチャレンジはたくさんあると思うので、ウィズ・コロナやアフター・コロナにおけるわかりやすいチャレンジは考えていきたいなと思っています。繰り返しになってしまいますが、「ともに闘う」というつながりを大切にしていきたいんです。

──そられを踏まえて、現時点で考えている事業があれば教えてください。

ひとつは“WEIN隊”とでも言える仕組みです。これはぼくたちが応援する事業や立ち上げる事業を、個人が「創業支援メンバー」として一緒に支えてくれるコミュニティであり、プラットフォームをイメージしています。

医療用マスクのクラウドファンディングのときも、リツイートやコメント、1口の寄付などさまざまな方法でプロジェクトを応援してくれる方々がいました。「応援しかできない」とおっしゃる方もいらっしゃいましたが、挑戦していた自分の立場からすると、これがものすごい励みになって。不眠不休で体はつらかったのですが、心がつらいことはまったくありませんでした。挑戦者にとって、どんなかたちでも応援してくれる人たちの存在は大きな意義をもつんです。

また、このクラウドファンディングでは15,000人もの人が支援をしてくださったのですが、その支援者の方々からも「挑戦にかかわらせてくれてありがとう」と感謝の言葉をいただきました。そのとき、挑戦を支援することも、孤独を解消する一助になることに気がついたんです。そこで今後はWEIN隊=創業支援メンバーという仕組みを通じて、大きな挑戦にかかわる人たち自身の孤独も解消できたらと思っています。

本業が別にある人や、学生や専業主婦といった貢献したいと強く思ってくださる方たちにたくさん加わってもらえたら、それは大きな武器になると信じています。それにぼく自身も、常に心が温かい状態で挑戦できるんじゃないかと思っています。

──人それぞれ自分ができるかかわり方で挑戦者を応援できる場所であり、プラットフォームをつくるということですね。

そうですね。挑戦は大きさや数の問題でもなければ、成功か失敗かの問題でもありません。また、他人に評価されるものでもありません。いまの自分を変えたり、誰かのために貢献しようと行動したりすることは、すべて「挑戦」なんだとぼくは信じています。

Twitterを見ていると、何もできない自分を責めている人も少なくありません。でも、そもそもそういう感情をもっている時点でその人は心が優しいし、何かを探しているということですよね。“WEIN隊”は、そんな人たちの想いを受け止められる場所になればいいなと思っています。そして、いつか自分の出番がきたときに、勇気をもって挑戦する人が出てくれたらうれしいです。

日本一の挑戦者エコシステムをつくる

──プラットフォームとしての“WEIN隊”からは、新しいアイデアが生まれるかもしれませんね。

はい。ぼくは挑戦しない社会に未来はないと思っています。実は今回、パートナーの3人は共通して「日本でナンバーワンの挑戦者エコシステムをつくること」を目指しているんです。

米国ではエンジェル投資家の投資額は年間250億ドル(約2.7兆円)とも言われています。これは日本と比べて圧倒的な差がある。GDPの差が4倍ほどであることを考えると、日本の投資額の割合の小ささがわかりますよね。

日本から大きなプラットフォームなどが生まれないのは、実は個人に挑戦する気概があっても、目標が現実に引っ張られてしまうからだと思うんです。だからこそ、挑戦者をしっかり支援できるエコシステムをつくりたいと考えています。

ここには挑戦者のセーフティネットをつくるということも含まれます。挑戦して失敗したとしても、その人たちの再挑戦をいちばん最初に支援したいと思っています。

弱さも含めて、共有したい

──そう考えると、WEIN隊のような構想もしっくりきます。「挑戦」という言葉の意味や捉え方が人によって違うなかでも、それぞれに合った受け皿ができる、ということでもありますから。

そうですね。日本には、挑戦者やヴェンチャー企業を揶揄する風潮があると感じます。それはきっと、自分とその人を比較してしまうからではないかと思うんです。ぼく自身、自分が挑戦できる環境にいなかったらそう感じてしまったかもしれません。挑戦している人を見ると、何もしていない自分が不甲斐なく感じられてしまう。だから、上からバカにしてみたり、揶揄してみたりすることで、自分を保つんです。

──まさにそれも、21世紀型の課題のひとつですね。

そうだと思います。でも、批判したり揶揄したりする人も、関心はもってくれているんです。

医療用マスクのクラウドファンディングのときも、批判してくる人に対して「ご指摘ありがとうございます。でもぼくは私腹を肥やそうとは思っていないので、自分にできることをします。〇〇さんも応援してくれたらうれしいです」と返すと、その人たちが拡散や応援のコメントなどでいちばん応援してくれました。そういう人たちは、心が優しくて、何もできていない自分を責めていただけなのかもしれません。

──理解はしているんだけど、そこに近づけない葛藤があるのかもしれませんね。

ぼくも強いわけではありません。強くなろうとあがいているだけです。それはいまも昔も変わらないし、一緒に進めているパートナーのふたりも同じです。必死に孤独と向き合い、批判を乗り越えて、ちょっと強く見えていることを知ってほしい。そういう弱さも、「WEIN挑戦者FUND」を通じて共有していきたいです。

──これまで溝口さんは、常に「いま考える最高の世界」や「最高の自分」を目指して活動してこられました。いまの自身にとっての「最高の世界」や「最高の自分」はどんな姿をしていますか。

孤独や退屈や不安がない世界、誰ひとり取り残されていない世界になればいいな、と思っています。

最高の自分は、常に探していますね。人が生きる目的は幸せになることだと思うのですが、それを実現するには挑戦が不可欠だと考えています。幸せは、医療用マスクを数百万枚配るといった目標を達成することによって感じるものではなく、困難を克服したり、それを仲間と共有したりするプロセスのなかで感じるものだからです。さらに、そのなかでソーシャルデマンド(社会の需要)にも応えられる人間にもなりたいなと思っています。

自分の器の大きさがわからないなかでも、なれる最高の自分を探し続けることが、自分の幸せにつながる。そう思って、いまも挑戦を重ねています。