出演メンバーだった女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が23日に亡くなったことを受け、制作中止が決定したリアリティ番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(フジテレビとNetflixで放送・配信)に、木村さんとともにメンバーとして出演していた水越愛華さんが27日、自身のインスタグラムで、一部報道について「鵜呑みにしないでほしいです」と訴えた。

『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』を放送していたフジテレビ


同日掲載されたNEWSポストセブンの記事「テラハの暴走、現役スタッフが告白 泥臭い人間模様を狙う」では、“元スタッフ”の証言として、制作側が出演者に対しセリフや動きの指示を行っていたなどと報じている。

水越さんは、この記事を「拝見しました」とした上で、「過去シーズンの事は分かりませんが、私が実際に体験した事実と異なる内容が多く書かれていて驚いています」とコメント。

記事の最後が、自身がインスタでつづった言葉で締められていることに触れながら、「私も、編集には怒りや悲しみを感じる事は沢山ありましたが、あのニュースに書いてあることを鵜呑みにしないでほしいです」と訴え、「色々な、ネットニュースで使用されてますが、このままではあれが事実だと思われてしまうのではないかと思ったので、発信させていただきました」と思いを述べた。

同記事をめぐっては、同じくメンバーだった会社経営者の新野俊幸さんも、Twitterで「『事実』が大事だと思うからコメントするけど、俺は何も指示されてないよ、忖度なしで。編集にはムカついてたけどな」と反論している。