19年度Jクラブ人件費をランキング化、神戸が2位に30億円差の断トツ1位

写真拡大

 Jリーグは27日、19年度クラブ経営情報開示の先行発表を行った。コロナ禍における決算確定の延期や3月決算のクラブがあることから、55クラブのうち、45クラブの情報が開示された。

 人件費ではヴィッセル神戸がまたも大幅増を記録。前年は半年分だったMFアンドレス・イニエスタの年俸や、FWダビド・ビジャやDFトーマス・フェルマーレンの加入により、前年比24億4600万円増の69億2300万円となった。17年度は31億400万円だったことを考えれば、2年間で倍以上の数字に跳ね上がっている。

 2位には名古屋グランパスが浮上。前年2位だった浦和は3位、同3位だった鹿島アントラーズは5位に順位を下げた。

 クラブ単位の前年比較では26クラブが増加。18クラブが減少となった。

1.神戸 69億2300万円(+24億4600万円)(J1)

2.名古屋 39億7300万円(+11億5000万円)(J1)

3.浦和 32億2800万円(+1億2000万円)(J1)

4.川崎F 29億5800万円(+3億4400万円)(J1)

5.鹿島 29億3600万円(▲2億2210万円)(J1)

6.FC東京 27億3600万円(+6億300万円)(J1)

7.横浜FM 26億8400万円(+3億8300万円)(J1)

8.鳥栖 25億2800万円(▲1億4200万円)(J1)

9.G大阪 24億3400万円(+2億4100万円)(J1)

10.C大阪 24億600万円(+7200万円)(J1)

11.広島 19億3100万円(+6700万円)(J1)

12.清水 17億2900万円(▲8200万円)(J1)

13.札幌 16億9800万円(+1億9600万円)(J1)

14.大宮 15億4700万円(▲3億6800万円)(J2)

15.松本 14億3000万円(+2億8500万円)(J1)

16.仙台 12億9600万円(+6400万円)(J1)

17.千葉 11億5300万円(▲1億1900万円)(J2)

18.長崎 10億2900万円(+2億1500万円)(J2)

19.京都 8億9500万円(+2億300万円)(J2)

20.徳島 8億9200万円(▲6000万円)(J2)

21.大分 8億6000万円(+3億7800万円)(J1)

22.福岡 7億8400万円(▲1億2500万円)(J2)

23.新潟 7億2200万円(▲3億8600万円)(J2)

24.甲府 7億700万円(▲4000万円)(J2)

25.岡山 6億3400万円(▲400万円)(J2)

26.山形 5億4900万円(+2500万円)(J2)

27.岐阜 4億6100万円(+9600万円)(J2)

28.愛媛 4億600万円(+5300万円)(J2)

29.町田 4億200万円(+1億2400万円)(J2)

30.金沢 3億1100万円(▲2000万円)(J2)

31.熊本 3億1000万円(▲9000万円)(J3)

32.鹿児島 2億9600万円(+1億1170万円)(J2)

33.長野 2億9400万円(+100万円)(J3)

34.讃岐 2億6300万円(▲3800万円)(J3)

35.琉球 2億5200万円(+1億5300万円)(J2)

36.北九州 2億5000万円(▲3700万円)(J3)

37.富山 2億円(+500万円)(J3)

38.群馬 1億8400万円(▲3900万円)(J3)

39.藤枝 1億6400万円(+4500万円)(J3)

40.秋田 1億6100万円(+1300万円)(J3)

41.福島 1億2400万円(▲100万円)(J3)

42.沼津 1億1600万円(▲200万円)(J3)

43.鳥取 1億1400万円(+800万円)(J3)

43.岩手 1億1400万円(▲1億5400万円)(J3)

45.八戸 8100万円(―)(J3)