16ブランドが参加する「関西菓子製造メーカー救援福袋セット」第5弾が、2020年5月29日12時から、ネット販売されます。

限定1000セット。毎回好評につき、今回も早期完売が予想されます。

第3弾は開始7分で完売

福袋を販売しているのは、新型コロナウイルス感染拡大に伴うフードロス対策として発足された「関西菓子製造メーカー救援プロジェクト」です。京都の最高級献上菓子あられ専門店「京西陣菓匠 宗禅」の店主である山本宗禅氏が中心となり、本家西尾八つ橋(京都)、あみだ池大黒(大阪)、亀井堂本家(兵庫)など、関西の菓子メーカー16ブランドが参加しています。

メーカーの垣根を超えたお菓子の詰め合わせは好評につき、今回で第5弾。5月23日発売の第3弾(1000セット)は開始7分で完売。第4弾は、購入できなかった人限定のシークレット販売が行われました。

第5弾の福袋もこれまで同様に、6480円相当の内容で2592円(送料別)。実質60%オフとお得な内容です。常温で賞味期限が10日間以上のもので、定価1500 円までの商品を満遍なく詰め合わせています。中身は届いてからのお楽しみです。「京西陣菓匠 宗禅」の公式サイト内の販売ページ(https://souzen.co.jp/fs/souzen/go_ka_6000)で販売されます。

<参加ブランド>

京西陣菓匠宗禅、京町家茶房宗禅、京都ぽてとの塔、京都 文録庵、京都 胡麻美、KOME Patisserie beis、長寿堂恵佳、富屋製菓、戎大黒本舗、千客萬来考社、亀井堂本家、あみだ池大黒、本家西尾八つ橋、前田製菓、太郎フーズ、鳴門千鳥本舗