日本は人口の割に新型コロナウイルスの感染者や死亡が少ないことが、海外メディアでも取り上げられているが、日本医師会はきのう26日(2020年5月)「国民に清潔観念が定着し、日ごろからマスク着用やせきエチケットを徹底したため」と発表した。

たしかに、日本は他国と比べると国民のマスク着用は早かった。白鴎大学の岡田晴恵教授は「日本のマスク文化はよかったですね。ただ、この冬にはマスク、手洗いだけでは太刀打ちできない可能性があります」と指摘した。

「アベノマスク」はまだ届かないけどね...

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)は「どういう政策が、誰の意思でなされたかの決定プロセスを検証する必要があります」という。マスク徹底がアベノマスクの成果ではないことは確かだ。だいたい、全国のほとんどの家でまだ届いていない。

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「ここまでこられたのは、日本人が素晴らしかったからであって、政府の政策が良かったわけではないですよね。実は医療崩壊はギリギリだった。(これからは)今まで通りの政策ではもうもたない可能性がありますよ」