人気グループ「NEWS」の手越裕也(32)の芸能活動を自粛すると、所属のジャニーズ事務所がきのう26日(2020年5月)に発表した。5月23日(2020年)付「文春オンライン」によると、緊急事態宣言期間中の4月下旬に女性たちとパーティーを催し、23日の未明にも東京・六本木のラウンジやバーで女性らと酒盛りなどをしていたという。

ジャニーズ事務所は、「弊社からの度重なる説明や要請にもかかわらず、宣言期間中に新たな酒席への参加が確認されたこと等を踏まえ、すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と厳しく語り、「今後につきましては、本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合ってまいります」と述べた。

再三注意されたが聞く耳持たず

手越は2003年に「NEWS ニッポン」でCDデビューし、高い歌唱力を持ち、バラエティーでも活躍していた。司会の加藤浩次は「(事務所は)再三、注意していたのに、このような処分になったということですね」

キャスターの近藤春菜「本当に残念ですが、本人の口からも話を聞きたいですね」

芸能リポーターの駒井千佳子さんは、「致し方ないと思います。お灸をすえたということでしょうね。歌唱力も盛り上げ方も凄いし、こういう人だからこそ、事務所もこれまでも厳しく注意してきました。もったいないなあと思いますね」と語る。

それにしても、「1人のタレントに事務所がこんなに長い発表文を出したのは異例中の異例でしたね。驚きました」と話し、注目のポイントとして、以下の3点を挙げた。(1)自覚と責任に著しくかけていた(2)度重なる説明や要請にもかかわらず(3)本人の自覚の欠如によるもの。「これを読むと、事務所の苦労と怒りがうかがえますね」と駒井さん。

本人にも届いているだろうか。テレビ局は総スカン、ジャニーズ事務所は退社、今後は不良キャラを売りに芸能界で生き残っていけるかどうか。