「さんま御殿」透明度が違う高級アクリル板に賞賛

写真拡大

5月26日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、番組25年の歴史上初めてのリモート収録が行われ、使用された高級アクリル板に賞賛の声が上がった。

番組はこの日、モニター出演組とスタジオ出演組に分かれてリモート収録となり、MCの明石家さんまが「こういう収録は初めて」とコメント。さんまの周りには飛沫感染を防ぐため、透明度の高い高級アクリル板が設置された。

さんまによると、ドラマ班からドラマ用に借りたいという話があったそうで、出演者からは「反射がなくなって見やすい」「他のアクリル板と全然違う。透明感が違う」と賞賛の声が上がり、さらに「さんまさん、ぶつからないように気をつけて」「(さんまさんの)つばが飛んでくるから、いつもこれがあったらありがたい」という声も上がった。